マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

お出かけ・遠方

「旭川市のいいところを挙げていく」メモ。

こちら、自身のメモ帳に書いた「地元のいいところ」です。 これは先日旭川に帰る前に、なんとなーく“帰省への気持ちを高めよう”と思って、喫茶店で書きました。 書いているうちに「あれも!これも!」となって、三部作になりました。 あさっぴーがあまり可愛…

帰省その6・綴りこぼしとワードローブ

ここまで北海道帰省日記をあれこれ綴ってきましたが、最後に綴り逃していたものをまとめてアップしたいと思います。 行きの飛行機からの「パッチワークの丘」の眺め。ハイシーズンではなくとも、やっぱりきれい。 これは、羽田空港で購入した自分用の「木久…

帰省その5・小柳ストアと美味しいもの

実家がスーパーであることを、ここで何度も記事にしていますが、今回も楽しく足を運んできましたのでそのルポです。 お店は現在、母担当の花コーナーが終了し(売り場はあるのですが花数は減り担当者も変わりました)、もうすぐお米の販売が始まるそうです。…

帰省その4・純喫茶巡り(旭川編)

前回、帯広で訪れた純喫茶のことを綴りましたが、今回は旭川市内の喫茶店について。 まずはやっぱりイラストルポでも真っ先に描いた「ちろる」。 tellacoli.hatenablog.com 高校時代の大好きな親友と会うのに利用しました。 今回は、中学時代の友人達との飲…

帰省その3・純喫茶巡り(帯広編)

前回綴った帯広でのできごと。滞在時間が短い上に家族全員での行動だったため、純喫茶に行くのはあきらめていました。帯広に本店がある「花畑牧場」や「六花亭」を差し置くわけにもいかないし…。 が、家族が「一軒くらい行きたいんじゃないの?」と言ってく…

帰省その2・帯広ドライブ

“帯広に行きたいな”と思ったのは、「ばんえい競馬」を見たかったから。最大1トンという重さの鉄ソリをばん馬がひき、競い合うレースです。 普通の競馬と大きく違うのは、レース会場が直進なこと。馬が破格の大きさなこと。その迫力や馬の体つき、世界で唯一…

帰省その1・旭岳登山

数日間の夏休みを取り、夫と旭川で過ごすことに。 いろんな出来事がありましたが、前からやってみたかった「旭岳登山」がいちばん印象的でした。私は登山経験が少ないので不安要素もいっぱいだったのだけど、紅葉のきれいな季節にこの目で景色を見てみたかっ…

伊東での一時間

南伊豆の移動は「フリーパス」を利用していたため、伊東市にも行けることがわかり、たった一時間だけど立ち寄ることにしました。 伊東は、もう5年くらい前に喫茶巡りをガンガンに行った場所でした。今回は、テルマエロマエでも知られるようになった「東海館…

南伊豆の看板

踊り子号はヘッドマークも表示板のフォントもかわいい。 天気に恵まれた連休の日、駅に降りるとなんとものんびりした、カラフルな風景が出迎えてくれました。 下田といえば「ペリー来航」。黒船ふうの船や歴史を学べる場などがたくさんの街でした。駅前には…

南伊豆の喫茶店

お休みのお知らせをしてから、ずいぶんと間が経ってしまいましたが、また少しずつ更新してまいります。 春になり、主人とさくっと旅をしてきました。場所は、南伊豆。いつだって我々のいちばん行きたい場所はハワイなのだけど、現状そうもいかない。 海がき…

帰省中のできごと・喫茶編2

珈琲専門店ならではの「こだわり」がたくさん語られた外観。 ここは、先日のブログで綴った「ささき」さんのすぐそばにあり、私の高校時代のバイト先の真向かいにあった。 店内がほとんど見えないため、広さや雰囲気もわからなくって、学生時代は中に入るこ…

帰省中のできごと・喫茶編1

喫茶店は、思ったより行けず足を運んだのは4軒です。 だいたい毎回行く「ちろる」 雪国の純喫茶 外が極寒なので、喫茶店では「とにかく暖まりたい!」という気持ちになる。窓から中が見えるとほっとする。そして入ると、いつも同じ席に座ってしまう。 「coff…

帰省中のできごと・風景編2

商業のまち・旭川市の製紙場「パルプ工場」。写生大会などでもなんども描いたし、工場見学もした。この周辺の住所はほんとに「パルプ町」といい、小路幸也さんの小説にも登場する町。大学時代に読みましたよ!おもしろい本だった。 空を見上げる古い歌を口ず…

帰省中のできごと・風景編1

風景はついついたくさん撮ってしまう。どんどん貼っていきます。 羽田空港より。富士山が見えた。飛行機の中からもずーっと見えて、あまりにきれいなので見とれた。 旭川空港からの一本道が大好き 冬の白樺の木。きれい。(フロントガラスに車内がうつってい…

帰省中のできごと・かわいいもの(?)編

お店の二階(事務スペース)にあったペン立て。そのまんまで、懐かしかった。そういえば子供ながらにこのデザイン好きだった。 スナックの看板 スキー場のレストランの貼り紙 「かわいい」というくくりとは違うかもしれないけど、こちらのデパートは、ローカ…

帰省中のできごと・ドライブスルー編

東京と旭川での大きな違いは、「電車・徒歩移動」「車移動」です。 車が運転できなかったらほんとに不便。住むのであればなにがなんでも免許は必要かと思います。道民が東京に来ると、人々がよく歩くことに驚く、とは「あるある」の一つです。 なので帰ると…

帰省中のできごと・実家スーパー編

実家がスーパーで、たびたびここのブログでも紹介したことがありました。 tellacoli.hatenablog.co その記事を読んだ方がお店に来た、とか、ちょこちょこ弟から話を聞くと、少し恥ずかしくなって最近はあまりここで紹介できていない… だけど、やっぱり身内び…

帰省中のできごと・土産編

お正月休みも終わり、三連休も過ぎ、さあここから本格的に仕事を開始、というタイミングで北海道旭川市に帰省してきました。 ここしか帰れるタイミングがなかったからです。 仕事も少しあったんですが、ノートPCを持参し実家で行うことにして、PCメールの送…

石岡のおまつりへ

友人に誘われ、仲間とともに茨城県石岡市で毎年開催されている常陸國總社宮例大祭(略称「石岡のおまつり」)に行ってきました。 関東三大のお祭りに数えられ、ダイナミックで美しい山車をはじめとしたそのお祭りに足を運ぶ友人たちは、「喫茶巡り」も兼ねて…

茨城の喫茶店

先日のドライブ時に、純喫茶へ寄る計画もありました。 距離的に水戸市内を検討していたけれど、平日はどうやら閉店の早い喫茶店が多いようで、なかなか決まらず。次に候補だった日立市へ。 お目当てのお店は営業中との確認ができたので、海浜公園より40分ほ…

冬の旅行・石川&岐阜の喫茶編5

これで、石川&岐阜の喫茶巡り日記はラストです。 様々な方から「よかった」「何度も通った」と伺っており、自分の中でもすっかり「金沢の純喫茶=ローレンス」というイメージがあっての訪問でした。 けれど、初回は開いておらず。15時頃に満を持して行きまし…

冬の旅行・石川&岐阜の喫茶編4

金沢では、駅近くのホテルにて旅行バックを預かってもらったあと、天気もよかったので近江町市場まで歩きました。その際にこの看板に惹かれ、「近江町市場のランチの後はここに来よう」と決めました。 看板は古かったけど店内は新しかったので、何かあって移…

冬の旅行・石川&岐阜の喫茶編3

飛騨高山の喫茶店は、3軒入りました。「Don」さんは、駅前の通りと観光スポット「古いまちなみ」の間の賑やかな通りにありました。 外観を見て、好みだったので絶対に入りたいと思いました。 お店の方は、皆さんにこやかで、完全に観光客の私たちにも優しく…

冬の旅行・石川&岐阜の喫茶編2

時系列はばらばらですが、それぞれの巡ったお店のことを。 「if」は、飛騨高山の、高山駅より歩いて1〜2分。私たちが今回宿泊したビジネスホテルの斜め前でした。 朝ご飯のためにお邪魔しました。 ハムチーズトースト、ジャムトーストは、どっちもパンが分厚…

冬の旅行・石川&岐阜の喫茶編1

喫茶店の看板だけはどんどん撮って行こうと決めていた今回の旅。遠方から撮影し、写りがぼんやりしていたり、夜の雪でまったく写っていなかった看板をのぞき、ほぼほぼまとめることができました。 こちらが金沢。 「アンバランス」という文字がバランスよく…

冬の旅行・石川&岐阜編

2月は仕事の関係もあるけれど旅づいており、新幹線で金沢に行った。主人の夏休みがようやく取れたのでした。北陸には冬に行きたいねと二人でずっと行っていたので、念願叶いました。 風景もさることながら、やはり食!!カニエビブリノドグロホタルイカなど…

北海道の帰省5

※半端なタイミングではありますが、ブログのタイトル等の「テラコリダイアリー」という表記を消しました(ダサイかな、とずっと気になっておりました)。ブログの内容は今後も特に変わらずかと思いますが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。 北海道…

北海道の帰省4

早朝の小樽は曇り空。鰊御殿やローソクのような岩など眺めつつチェックアウト。 小さい頃よく行ってた「青塚食堂」、こどもの頃は分からなかった魚介類のさまざまな味が、大人になるとはっきりとよく分かり、「ああここはこんなに美味しいお店だったのか!」…

北海道の帰省3

小樽にも行きました。 旭川駅からのJRに乗り、1つめのトンネルを抜けるくらいまでの風景がすごく好きです。 さらに、札幌で乗り換え、銭函駅から小樽築港駅までの海沿いを走る車窓風景は神がかってよい風景だと思います。 ひたすら海沿いを走る。遠くに小樽…

北海道の帰省2

キラキラ感のある午前中の冬の道路。周囲は樹氷になだらかな丘という風景がずっと続き、マジで感動します。 夫へのバレンタインの贈り物を探しに、「道の駅あさひかわ」に行きました。そして目を見張るあさっぴーの姿を発見。 「伝染るんです。」でいうとこ…