マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

Youda? Club

潮文庫のカバーの折り返しについている三角マークを集めると、もれなくYouda? clubグッズがもらえる。だいぶ知られていることだけど、このあいだ、ふと「何冊いったかなあ」と我が家のほんだなを調べると、27冊あった。27冊。微妙。。もっといっているかと思ったんだけどなあ。角川とか講談社とか、他の文庫が、意外と冊数を占めていた。でも、三角マークが27枚あると、これらが確実にもらえる。

ピンバッジ。1つにつき5枚。

『Yonda?パンダ』のぬいぐるみを使った、実写アニメ。10枚。

ガムテープ。10枚。
すべてもらうことにしても、25枚。おつりがくる!おお!でも、なぜかそそられない今の『Yonda?パンダ』。前のイラストの方が好きだった。
すっごいがんばって、100枚あつめると、アンティークなぬいぐるみに行きつく。

むむ。これはこれでどうなんだ。こどもでも居れば、どれでもある程度喜んでもらえるのかもしれないけど。こんなふうに、しっくりこないまま、ずーっと三角マークは増え続けているのだ。。
ところで、新潮文庫の本で、我が家のほんだなに一番並んでいる作家さんは、村上春樹だった。ちなみに出版社抜きにしたときに、冊数が一番多いのは角田光代さん。これがダントツで、なんと30冊以上あった。

広告を非表示にする