マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

学園祭ライブ

本日、初めて生のオードリーを観てきました
舞台に出てくるなり生の動く二人に感激しまくり半泣きで
一緒に行った友人はそんな私に引き気味でした
これじゃ友人はお笑いライブをまともに楽しめないですよね ごめん


若林はテレビのまんまで、
春日はテレビで観るよりイケメンだったりするのかな…と思ってたら
ずっとインパクト大で
ずっと気持ち悪かった(!)です
女子の若林への歓声はすごかったです


漫才『転校生』
漫才『海外旅行』
とテレビやDVDでおなじみのネタをやってくれましたが
アドリブも多くて、
そのうちのひとつのくだりが長くて
(春日がスチュワーデスになるやつです)
春日は漫才後に若林やハマカーンにいじられてました
若林は「皆さんあそこは忘れてください」と言っていて
春日は「よく覚えておくように」と、
いつもの二人らしいコメントでした


漫才と漫才の間に小ネタもいっぱいやってくれて
藤岡弘と中尾彬」「いろんなトゥース」とか
フリートークとか
ほぼ20〜30分でしたが
生で観られたという喜びで観客は沸いているという感じでした
若林の『鳩山由紀夫のトゥース』というムチャぶりに春日は固まっておりました


おもしろかったアドリブでは
最初に登場し若林が話しだすところ、
なぜか若林が4分くらいノンストップでしゃべりまくり
春日がその間、漫才スタート時の決め顔で動じず話さずでした
あれは新鮮な上に舞台ならではで楽しかった


あとは若林は春日をどついたらそのまま春日が後部へ倒れ込み
若林が体を起こそうとするけれど
床がツルツルするのと春日が重いので
まったく起こせず
二人でわちゃわちゃやってた一連の流れもおもしろかった


漫才をするときの二人の距離は半端なく近くて
ここも友達が引いてましたw
私が「そんな二人に勝手にボーイズラブを感じて
同人誌を描く女子もいるんだよ」というと
もっと引いてましたw そりゃそうですよね
ちなみに友人は春日の激太りにも引いてました


私は最後列でしたがふたりはよく見えたし
真後ろでミスフルさんが立ち見してたのを凝視できたのが感激でした
ミスフルさんはポーカーフェイスで赤のチェックのコート?
を着てておしゃれさんでした
カメラを撮っている人がいないかチェックして、
実行委員の学生さんになにか指示を出していました


エンディングのトークで
「舞台は久しぶりで楽しかった」「テレビと違って尺がないし」と
リップサービスと春日の上からキャラが入り交じったような
コメントがありました
確かに生で観ないとわからない空気ってあるんですね
私はM-1からの典型的なにわかファンですが
それでもこうしてずっとテレビかラジオだけだったオードリーを
初めて見れて嬉しかったです
会場の雰囲気も特に乱す人もいなくて全体的にほのぼのでしたし
良かったなあ


また観たいなー
小声トークの抽選当たらないかなー


今回は興味のない人にはまったく関係ないブログですみません
ちなみに何かあったときのために!!
とオードリーDVDと黒サインペンも持って行きましたが
あるわけねーw
学園祭の空気も良かったですよ 
学生さん みんなまぶしかったです
展示や模擬店もいろいろ回りましたがみんなほがらかだったし
ちょいちょい話せて楽しかった
いいね!学校は!


しっかし今日は寒かったですね
病み上がりのため(偶然にも友人も)
カフェで話が盛り上がりつつソッコー帰ってきました

広告を非表示にする