マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

「歌謡曲の時代」。

以前もフリーペーパーで書いたのだけど(コレです↓)、

http://tellacoli.com/muscat2/
ここのところ、すっかり歌謡曲ばかり聴いています。


以前はROCKIN'ON JAPANに掲載されるような方々はそれなりにチェックしていたり、どきどきしたりヒリヒリしたり、ロックフェスにもそれなりに足を運んでいたのだけど、まったく聴かない。聴くのは夏木ゆたかのラジオ番組。テレ東の歌謡曲番組。懐かし系音楽番組。
それが楽しくなってしまったのです。もちろん最近の曲も聴くのだけど、つつーっと耳から流れ落ちてしまう(だいすきな曲もある)。。。何故だ。「懐かし系の曲」というだけで、「良し!」と美化してしまう、自分のあまのじゃくさも大いにある気がする。。。
けれど、歌謡曲の歌詞やメロディのダイナミックな感じ、歌う人の迫力とうまさ、あと、歌や人そのものが惹きこんじゃうパワーみたいなもの。。などなど、とても楽しい。不倫の歌とか「時には娼婦のように」とか、良識じゃ価値観に捉えてはいけないものが、普通にヒットしちゃってるふざけた(?)感じ。いや、豊かな(?)感じ。。いや。。なんだろう
もう、あんな曲がヒットする時代は来ないのかな。「なみだの操」とかさ。来ないのかもなあ。


で、そんな大好きな歌謡曲の、大先生(最近の言い方だと、神?ネ申?)と言えば「阿久悠さん」なのですが、この方のエッセイを以前古本屋さんで見つけました。

歌謡曲の時代―歌もよう人もよう (新潮文庫)

歌謡曲の時代―歌もよう人もよう (新潮文庫)

これがもう、歌謡曲ずきにはたまらない本です。
阿久悠さんの作品と時代を重ね、振り返りながら語られているのだけど、これがもう至宝のトリビアなんです。
さらっと書いたらヒットした五木ひろしの「居酒屋」、「あの鐘を鳴らすのはあなた」の「あなた」とは…?「どうにもとまらない」は最初違うタイトルだったなどなど。。
これは全部同じ方なのか、というほど、どっさりとあらゆる歌詞を作られている凄さを堪能するのはもちろんのこと、TKや秋元さんじゃないけれど、「このキャラクターの歌い手にはこんな時代を見据えてこんな曲を」というプロデュースもやっていたのだなということもわかり、それもすっごくおもしろい。
・如何にも性善説を信じたくなるようなキャラクターの「新沼健二」、
・相手に対するパフォーマンスであるカッコづけと、自身への厳格なタブーを「沢田研二」にたくさん書いた
などなど…。
それらがどういうことか、そして何を伝えたかったか、というのを時代を見据えて考えられて書かれており、もう、当たり前だけど偉業を成せる方の持つ、技術の半端ない高さを体感します。



歌謡曲は妖怪だそうです。
「時代を食い、時代と人に妖気を吹き付けて飛びまわった妖怪の再生と復活を、心から願っている」
「歌謡曲よ目を覚ませ、餌を食え」
その願いは、たぶん今現在の時代では、あまり叶えられていない気がする。
そしてそんなことを実体験として語れる方が、どんどん亡くなっているんだな、と思う。前に、なにかの雑誌(かネット)で、そういうことって、音楽業界の方々は少なからず感じているのだけど、どうしていいかわからない状態だ、と書いてあった。
この間の珈琲屋さん(キャラバン)のご主人のお話を聞いたときにも思ったけれど、こういう方々が大事にしていたもの、はたまた現在憂いていることが、何も解決しないまま何かがこぼれ落ちているような感覚のまま、どんどん時が進んでいるんだな、と思ったり。
今の時代も、もちろんおもしろいものはいっぱいあるけれど、この時代のものがベースとなって、ふわっと進化しているように感じ、そうなったときのベースになるものって、これからどんなふうになっていくんだろう。。。。いつまでも「懐かしさ」とともに過ぎて行くのかな。だとしたら、それはいつまで?
少なくとも私が死ぬまでにはあまり変わりばえが無い気がする。うーん、でも、そもそも、その定義を歌謡曲に求めちゃうのは、どうにも違う気もするけれど。歌謡曲は素敵だけれど、あくまでも彩りであり、根本そのものではないものね。



…。…。うーん、うーん。。。
とりとめのないもやもやしたことを書いていたら、あらあら長くなっちゃいました。



こちらもおもしろそうです!


ちなみに、【大好きな歌謡曲】を考えていたら…

「喝采」はすっごく好きだなあ。…阿久悠先生じゃないやんー。。


みなさんカラオケに一緒に行きましょう(笑)

広告を非表示にする