読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

♪パーティーに使用したBGM♪

結婚

マイナーすぎず、メジャーすぎず、愉快でいい感じの選曲ができた気がします。。何度も聴き返して、曲順などにも気をつけながら、慎重に選びとる、その作業はすっごく楽しかったです!

会場はこんな雰囲気。以下、一覧です。めずらしく色文字つき。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12:00〜来賓受付
■ 平均律クラヴィーア曲集 #1 - 1./バッハ
■ 愛の挨拶/エルガー
■ 若葉のころ(Reprise)/映画『小さな恋のメロディ』より
■ スピックス・アンド・スペックス/映画『小さな恋のメロディ』より
■ Top of the World/The Carpenters
■ Les Jours Tristes [Instrumental]/Yann Tiersen(映画『アメリ』より)
■ ポーチと海辺/近藤達郎(映画『かもめ食堂』より)
■ Message en Rouge (ルージュの伝言)/Jessy(カバーソング)
■ 恋におちたら/サニーデイ・サービス
■ Tema d'Amore/エンニオ・モリコーネ(映画『ニューシネマパラダイス』より)
■ Wedding March-結婚行進曲/Q;indivi Starring Rin Oikawa


バッハでスタート、ということは決めていました。サニーデイサービスをどこかで入れたかったので、比較的しっとりとした時間帯の受付タイムにしました。ルージュの伝言は、原曲ではなくアレンジものです。ラストは定番もので、やや盛り上がり感を作りました。実は、全部の選曲のなかで、この『受付タイム』の流れがいちばん気に入っています。


12:30〜新郎新婦入場
■ Paradise/Jim Brickman

ご本人の弾いているピアノの曲がYouTubeになかったので、こちらを。。。入場曲はいちばん迷いましたが、水色のライトが印象的なきれいな会場、また、この後に人前式を控えているということで、しっとりと上品な雰囲気の曲にしました。ネットで探しました。


12:35〜人前式
■ 主よ、人の望みの喜びよ/バッハ
■ G線上のアリア/バッハ
■ アヴェ・マリア/バッハ

バッハ以外に考えられなかった人前式。


12:50〜新郎新婦プロフィール:生い立ちムービーに合わせて
■ Nuovo Cinema Paradiso/エンニオ・モリコーネ(映画『ニューシネマパラダイス』より)
■ メロディ・フェア/映画『小さな恋のメロディ』より
■ アンチョビとキャベツ/菅野よう子(映画『tokyo.sora』より)

ニューシネマパラダイス』はDVDを持っているほど好きで、ここでも使用。『小さな恋のメロディ』は、レンタルしてほんとうに良かった。素敵な曲ばかりでした。生い立ちムービーには、来てくれたゲストの方の写真もできるだけたくさん使用。なので、やさしい音色から、徐々に楽しい雰囲気に変わって行くような曲順にしました。



13:05〜ケーキカット
■ Wouldn't It Be Nice/The Beach Boys

「ケーキ入刀です! 」の後の、ビーチボーイズ! ただただ、ハッピーに♪


13:10〜会食1:ハワイのスライドショーと合わせて
■ お嫁においで/寺内タケシとブルージーンズ
■ 関白宣言/二階堂和美
■ イン・ザ・モーニング/Bee Gees(映画『小さな恋のメロディ』より)
■ Sugar Baby Love/Wawa(カバーソング)
■ Sawa Sawa De/Double Famous
ハワイの陽気でゆったりしたムード、また、結婚式の写真をお見せする時間ということで、上記2曲はマストでした! 「お嫁においで」はカバーも多いけど、寺内タケシさんで決まり☆ Double Famousのムードも、合っていました。



13:45〜会食2:ハワイのスライドショーと合わせて
■ Hula Girl/Jake Shimabukuro
■ Perfect/Jeff Peterson(ウクレレアレンジ)
■ I Want Candy/Bow Wow Wow(映画『マリーアントワネット』より)
■ シナモンロール/近藤達郎(映画『かもめ食堂』より)
■ Other Possibilities/Rachel Portman(映画『ショコラ』より)
■ ZaK And Sara/Ben Folds
■ 愛し愛されて生きるのさ/小沢健二
■ SEARCHING FOR LOVE/Jazztronik


ゆったりハワイのムードから、少しずつテンポよく元気な曲を、というセレクトでした。候補曲がすごくいっぱいあって、迷いに迷いました。ここいらでムードをぐっと変えたかったので、Ben Foldsなども。ショコラのサントラもかっこよい。小沢健二も、どうしても入れたかったのです。オザケンは、カヒミカリイとスピッツに競り勝って入れたんです! すごい競争相手に勝ってます! 結果、みんな口ずさんでいて良かった。 


14:20〜会食3
■ ナンパ通り/久石譲(映画『魔女の宅急便』より)
■ I'm In the Mood for Dancing/Sophie(カバーソング)
■ Calliope/Bob Telson(映画『バグダット・カフェ』より)
■ 星空のサーカス/ラッツ & スター
■ Here's To The Ears Of Love/ディズニーソング
■ 花嫁/はしだのりひことクライマックス
■ プリズム/YUKI
■ 五郎のテーマ(パンフルート・ヴァージョン)/さだまさし(『北の国から』より)

デザートタイムに入り、終盤に向けて再びしっとりした雰囲気に。…というか、ジーンとした雰囲気にしようということで、北国の娘の私は、YUKIの曲と、北の国からのサントラをチョイスしました。その前に流れる昭和歌謡や、大瀧詠一が作ったラッツ&スターの曲も気に入っています。ジブリも何か入れたくて、いちばん大好きな魔女の宅急便から選びました。


14:45〜新婦の手紙披露〜花束贈呈、新郎挨拶
■ 家族の風景/手嶌葵
■ Will You Love Me Tomorrow?/Carole King
■ Yesterday Once More/The Carpenters


夫もすきな、手嶌葵さんの歌声を選択しました。最初、感動モノを狙いすぎているのかな。と躊躇していたんですが、そのくらいでいいんじゃないかい?っていう夫の助言で、これに決定。キャロルキングとカーペンターズはoldiesの中でも特別好きなので、ここでチョイス。満足のいくラストになりました。


15:00〜送賓
■ 時には昔の話を(ピアノバージョン)/(映画『紅の豚』より)
■ 春夏秋冬/スガシカオ
■ クレイジーラブ/井上陽水
■ 君を守って 君を愛して/サンボマスター
■ のうぜんかつら/安藤裕子
■ Zweifach/Deininger Blasmusik(映画『バグダット・カフェ』より)
■ 初花凜々/SINGER SONGER
■ Love Life/Orange pekoe
■ Wishing Heart/Lisa Loeb
■ 螢のテーマ/さだまさし(『北の国から』より)
■ 風をあつめて/はっぴいえんど
■ 空も飛べるはずスピッツ
■ Some Day My Prince Will Come (Finale)/ディズニーソング
■ 歓びの種/YUKI
■ いかれたBaby/FISHMANS
■ 白い恋人/サニーデイ・サービス

来賓の方も、ほとんど聴いているようないないような…という時間帯だと思ったので、好みが偏りました。パーティー中だと、もしかしたら耳障りになってしまいそうな、歌声がはっきりした曲なども、ここに入れました。「時には昔の話を」は、夫がいちばん好きなジブリの『紅の豚』の曲。当初、ぜったい入れよう! と思っていたオレンジペコーも、ここでやっと登場です。はっぴいえんどフィッシュマンズなども投入!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


長くなりましたが、以上です。涙を飲んで捨てた曲は、100曲も200曲もあります!!! 選抜メンバーは、やや映画サントラが多い傾向にはありますが、結果、会場やプログラムの雰囲気にはすごく合っていた気がしました。『気持ちよく、心がすうっとするような、透明感のあるハッピーさ』…まどろっこしいですが(笑)、そんなムードを大切にして選曲しました。
来賓の方に喜んでいただくという目的でしたが、結果やはり、私自身がいちばん満足しちゃった、そんなBGMの選曲でした。
(*^^*)
めずらしく文字に色をつけたり大きくしたので、せっかくだから顔文字も入れつつ、終了☆

広告を非表示にする