マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

スーベニイルなどなど


実家の朝食。家のスーパーで買ってきた地元野菜、魚(糠サンマを初めて食べました)、はたまた珍しい野菜など。母のお味噌汁はおいしいです。ドラゴンフルーツは、生まれて初めて食べました。見た目のインパクトとは違い、さっぱりと淡白な味でした。



松尾ジンギスカンにいつも行きます。瓶ビールやサイダー、おにぎりなど、なんだか昭和のモチーフが似合います…。ここのタレが大好きです。焼いたジンギスカンに、雪わさびをつけて食べるとおいしいことを発見!



東京に戻ってからの自宅の食事風景。必ず買ってくる高砂酒造の国士無双。奮発して大吟醸です。めちゃめちゃ濃厚、寒い冬の鍋に合う!!! 鍋は、毎年必ずやってる牡蠣の常夜鍋です。お酒のおちょこはこの間友人に結婚祝いとしていただいたもの! 富士山、かわいいです!!




東京に戻ってからの自宅の食事風景その2。美瑛選果でもとめたレンジでチンするじゃがいも(塩辛をつけて食べると美味しい)、富良野チーズなど。富良野チーズは、チェダーです。食べやすくて大好きです。ありもの野菜と鶏肉で作ったパスタと共に。



東京に戻ってからの自宅の食事風景その3。よし乃の味噌ラーメン。生ラーメンはおいしいです! 夫作です。私は【よし乃】本店で食べるのが好きで、帰ると必ずといっていいほど立ち寄りますが、夫は本物の味よりもこちらの生ラーメンの方が好きかも?というくらいの勢い。お店の味よりも、塩っ気が強い気がして、それが好きなようです。




東川にできた【SALT】というお洒落なお店に、珈琲豆が売られていました。美馬牛にある【ゴーシュ】さんのお豆でした。地元に素敵なお店がどんどん増えるのは、とっても嬉しいです。
ほか、リゾットのおいしいお店や、ソフトクリームのおいしいお店なども行きましたが、どこもこだわりがしっかりしていて、今、全国の地方は全部こんな感じなのでしょうか。熱く、また当たり前のようにしっかりとそこにあるお店ばかりなので、ほんとうに刺激を受けてきます。お店の方とお話しするのも、東京で同じ事をするのとは、また気分が変わります。



実家のスーパーには昔からの旭川・北海道の銘菓がちょこちょこ売られるようになっていて、【あめせん】や【大賞飴】が並んでいました。どちらも歯にくっつくけれど、寒さで体力が失われてしまうときなどにダイレクトに血糖値を上げてくれる北国ならではの力強いお菓子。




そんな実家のスーパーも、開業40周年とのことでなかなかの年期になってきましたが、書類入れの箱のひとつに貼られていたシールがかわいかったので撮ってみた…いつ、誰が貼ったのだろう?もしや子供時代の私じゃないだろうな…。



そして、私自身への缶のお土産。北海道のお菓子は、ちょっと独特! 風土を感じると言うか、なんだか土臭いと言うか! もちろん、洗練された素敵なお菓子もたくさんあって美味しいのだけど、今になって、こんな懐かしさのあるお菓子にばかり気が行くように。
旭豆の「縦缶」、旭川中を探したけれどどこにもなくて、新設された旭川駅のお土産コーナーにて発見しました! これは、ちょこちょこ増えているおしぼり入れにしよう…!



千秋庵も今となってはとても好き。なんてかわいいのだろう。西武にたくさん売られていて、これ以外の缶のデザインもどれもかわいかったのだけど、我慢してまずは二つを選びました。




「小熊のプーちゃん」は、バター飴です。飴が熊の形をしていてかわいいのです!


そんなお土産たちでした。他にも生ラーメンとか、夕張ゼリーとか、六花亭など、いろいろ買って東京へ。しばらく北海道まつりが続くのでした。

広告を非表示にする