マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

新橋と本郷に。

本郷の東大のレトロで重厚感のある校舎、その正門にある立派なイチョウ並木。どちらも素敵で、土曜日に夫と歩いて観に行く話をしていました。
けれど雨降りのため、さてどうしようかね、ということになりましたが、ちょうどテレビで出ていたパスタ特集を観ていたためお腹がすいていて、それじゃあ一度は行ってみたかった、新橋の「ポンヌフ」にナポリタンを食べに行こうということに。

“カフェテラス”ということですが、あまりにも名物ナポリタンが有名なため、お客さんも殆ど方のオーダーがナポリタン。新橋ビルの中にもじゅううっとケチャップの焦げたようないい香りがしていました。


太麺で、ケチャップが絡みつき、香りから食感からたまらなくおいしい。そして懐かしい味でした。

“マッチがある”という認識が抜け落ちていたため、お店に入ってすぐ目の前のカウンターにいくつかマッチを発見したときに、「ああそうだった!」と嬉しい気持ちに。
手書きの「ポンヌフ」という文字の形、また大きさなどが美しく、夫と見ほれていました。
「ポンヌフ」とは「新橋(ポンヌフ=新しい橋)」の意味ですが、私はもともとの感覚がかぶれたミーハーのためか、マッチにポンヌフの絵が描かれているだけで、あっという間にフランスのセーヌ川などの風景をぽわわーんと思い浮かび、たちまちいい気分に。
またパリに行きたいな。かぶれ過ぎですね。。。



そのうち晴れてきたので、結局東大にも足を運ぶことにしました。それはそれは美しいイチョウ並木。銀杏の匂いもすごいことになっていましたが、晴れて光が射して、イチョウがきらきらとしていて本当にきれいだった!


もっと撮れば良かったと思う東大の建物は、当たり前のように古い煉瓦やコンクリートの重厚感があり、またそのデザインひとつひとつがかっこ良い。
今まで震災や空襲などの被害から免れたため、重要文化財や登録有形文化財となっている建築物も多いそう。アーチ状のコンコースの屋根があり、その奥にさらに素敵な建築物が見えたときなどは、なんだかパリのサンジェルマンにでも来たかのような錯覚になり、とても楽しい。
【東大の銀杏並木=オザケン】、【パリのサンジェルマン】なんてフレーズが頭に入るや否や、またまたかぶれた私は舞い上がって嬉しくなってしまうのでした。



その後、「金魚坂」にお茶をいただきに行く。今までも本郷を通るたびに立ち寄ってみたかったけれど、金魚を1人でじっくり観るのもなんだかな。。と思っていたため、今回夫と一緒に行けてよかったです。

広告を非表示にする