マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

粉にまみれに。/アガタ竹澤ビルでマッチ。

昨日(20日)に誕生日を迎え、37歳になりました。急に数字が重たい! 36歳は、個人的に、まだまだ “30代半ば感” がむんむんだったのです。でも37は “後半感” ばかり! わー。人生ももしかしたら、折り返しているのかもしれない。大人っぽい数字に、いよいよどきどきしてきました。でも今まで通り、大きな病気をしないように気をつけながら、仕事も生活もがんばっていきたいと思います。昨日は “笑点” の観覧で後楽園ホールに行ったり、中華でお祝いしてもらったり、家では夫婦にてイタリアンでお祝いしたり、土曜日の誕生日らしさを満喫しました。


先週まとめられなかった、4月13日 “喫茶店の日” のことを書こうと思います。ホットケーキのある喫茶店をはしご! あどさんと! ぺろりと行ける自信満々でのぞみましたが、さすがに2軒目ではお腹をさすっちゃうほどに。小麦粉まみれになりました。とっても天気がよくて、幸せな時間でした。


ワンモア
以前ひとりでフレンチトーストを食べに行き、大感激したワンモアさん。「とにかくおいしかった!!!」 と周囲に話していましたが、あどさんが「私も食べたいです!!!」と言ってくれて、再び訪れることができたのでした。


以前食べたフレンチトーストの写真、ふたたび。今回は、あどさんが!

私はホットケーキを! しっとりしていました! おいしいー。

ワンモアマスターの奥様に教えてもらった、「おいしいシロップのかけ方」。シロップがまんべんなく行き渡り、「お友達と分け合いやすいわよ」。

一緒にオーダーした珈琲の、カップがかわいかった。丁寧に煎れていただいた、おいしい珈琲でした。


ニット

あどさんリクエストで「ニット」へ! 私も初めて。うれしいな〜。お店の名前がかわいいですよね。あとでマダムに聞くと、繊維関連の会社を以前やっていたそうです。とってもおしゃれで素敵なマダム。たくさんの雑誌の記事を見せて話してくれたりして、楽しかったです。

右肩上がりで気持ちのよい文字。

店頭にはお花や木がいっぱいだった。


店内。


窓際に座りました。

表面がてかっとしたホットケーキ! やさしい味! 食感もたのしいです。

ワンモアで教えてもらった方法で再びシロップをかけた。


最近私、ホットケーキづいているんですが、お店によって個性がちがって楽しいです。それぞれおいしい。いろんなところでたくさん食べて、心の中でベストテンをつけていきたい。


ウール
まだまだ時間アリ。「ニット」に行ったなら、「ウール」にはしごするのもいいんじゃない? ということになり、東日本橋のほうへ向かうことに。
このとき先に「アガタ竹澤ビル」も近いので立ち寄ったのですが、この話は後回し。

ウール久しぶり!ここのかわいいマッチは有名ですが、もう残り1〜2個?だそう。。。


アガタ竹澤ビルで、マッチを漁る

さてさて、ワンモアさんやウールさんにもマッチはありますが既に手元にあるためここには紹介せず、途中で立ち寄ったアガタ竹澤ビルの中の雑貨屋さんにて、ドイツのマッチを買ったので、それを紹介しようと思います。

ひとつ50円のマッチ、たくさん売っていました。並べた時にバランスのよい感じになるような5つを選びました。頭薬がカラフル! 

ドイツらしい色合いとタイポグラフィ。2色づかい(頭薬も含めて!)、とてもかっこいい。

ディティールが見ていて楽しい。

ELLEの、ショップマッチかな? 写真のチョイスも含め、お洒落だ〜。

開いたところ。見え方のバランスなど、ちゃんと考えられている感じが伝わって、素敵なデザインだなと思う。

お酒のメーカーが作った? 楽しいマッチ☆

緑の頭薬がポイントになってる!

水玉で、お菓子のパッケージのようなかわいいマッチ。


…以上、ボケボケ携帯カメラで撮った(ハイスペックな携帯ではないので、接写できない)ドイツのマッチたちでした。ヨーロッパのマッチラベルは、ときどき本屋にてカタログなどで見かけるけれど、やっぱりほんものっていいですね! 見ていて楽しかったです。


ちなみに、アガタ竹澤ビルに置いてあるたくさんのフライヤー、ポストカードなども持ち帰った。

アナログ感のあるカラフルでポップでちょっとチープな感じなど、妙に懐かしさがあり、眺めながらなんだかもりもりと元気が沸いてきた。

なんだか、自分が札幌に住んでいた時のような気分になりました。布の模様や瓶の並んだ感じが、昔の古着屋さんや四プラの雑貨屋さんを思い出すからかな?
当時といったら、自分になにができるのかよくわからないワクワク感があり、みょうな自信もあり、裏返すかのように不安も全部ありました。技術も知識も少ないので、突然すごいものができるわけないのだけど、それを否定する大人は嫌だわとか、そんなこんなを夢見がちに考えていた年頃です。
当時は「このワクワクは代え難いものだ。自分の宝である。これからもこういう状態を変えたくないわ」などと思っていたけど、やっぱりいろいろ変わっている。よくも悪くも変わっている。今の方が冷静だしシビアだし、それは当然の事だし悪いことではないけどテンション低いわと正直思う。けど、こんなふうに当時のことをときどき思い出すのはすごくいい事のような気がして、思い出すたび酔いしれるのでした(笑)


持ち帰ったポストカードは、ポストカードコレクションのファイル(無印のやつ)に入れる。





もっとお洒落で今っぽいデザインのポストカードも巷にはいっぱいだけど、このファイルには“ちょっと懐かしい” “アナログっぽい”感じがつまってる方がいいなと思い、そういう縛りでコレクションしているんです。今のようなメールのやり取り、ましてやSNSもなかったので、友人とは電話か文通をしていた。私は特に手紙ずきなので、送り合ったカードがたくさんあるんです。コレクションの3分の1くらいはそうやって届いた手紙だったりする。
今日持ち帰ったモノたちの一部もここへ!


そう考えると、誕生日のちょうど1週間前に昔を少し懐かしがる時間を過ごせたのは、ちょっとよかったな。大好きな喫茶店にも行けたし、あらためてよい1日でした。
さてさて37歳もがんばります。

*     *     *     *     *     *     
ブログの更新が少なくなっちゃってますが、ちょっと最近、仕事につきっきりだったりします。前は息抜きにブログ書いていたんですが、最近は内容がちょっと変わっちゃったため、息抜きには使っていないのです。
しかし!! もうじき京都なんです。そうすると…たぶん怒濤の京都日記が続くはず…。たぶん。

広告を非表示にする