マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

鎌倉ブックカーニバル


関西の古都、京都の日記がしばらく続いていましたが、こちらが終了し、次は関東の古都、鎌倉の話。ブックカーニバル in カマクラ 2013に行ってきました。
鎌倉はちょうど紫陽花のきれいな季節。ずっと行きたかった喫茶店もあるし、こんなタイミングで足を運べることに喜び、鎌倉を目指しましたが休日の混雑ぶりに驚きました!
この地点で既に紫陽花の名所に足を運ぶことはほとんどあきらめてしまったのだけど、天気にも恵まれ気持ちのよい梅雨の合間の晴れの日を楽しみました。

この日のために、爪を紫陽花ネイルに変身させて。これ、けっこうあちこちで褒められました(やたっ)。



まず最初に立ち寄った「扉」

扉と言うキーワードをもとに、かわいらしいモチーフが光ってました。

それから「鳩サブレー本店」。後に出てくるコケーシカさんのグッズとともに、友人へのお土産ができ上がりました。鳩サブレーのグッズ、かわいいものばかりだった。本店じゃないと買えないものばかり、というのもいい。見慣れているから見落としがちだけれど、この鳩マークはなんて秀逸なデザインなのだろう。無駄も隙もなく、かわいい。Webサイトもかわいかった!→後で気がついた。なんと、“ひみつページ”あり! 「鳩これくしょん」ページ! 「ぽっぽ服きれたー」も買うべきだったか。

鳩サブレーの黄色い缶、マッチ箱入れに使っています。あどさんも同じもの使ってるって言ってた。おお、我が良き友よ(かまやつさん)。。。

こちらは、鎌倉の待ちを駆け巡るバス。やっぱり乗り物の車体はレトロな色がいちばん似合う。

大学時代に学生数名で来たことがある「モア」は、開店前だった。またいつか。



それから長谷へ。長谷寺の紫陽花、見たかったけれど、それでもこうやって色とりどりに咲いているのをあちらこちらで見かけることができた。

それから、本談会の会場である、古民家スタジオ・イシワタリへ。

いよいよ本談会。「喫茶と こけしと 鎌倉と」というテーマで、沼田元氣さん (コケーシカ鎌倉店主)×難波里奈さん(純喫茶コレクション著者)の、世代の違ったお二人による対談。
居心地のいい古民家で、お茶とお菓子をいただきながら拝聴。扇風機の風を感じつつ。しみじみじと、いい時間だった。若い方でも喫茶店など、古いものにノスタルジーを感じるのは何故か、というお客様の問いに対する沼田さんと難波さんのそれぞれの受け答えがとてもよかった。
来たことがないのに足を運んだとたんに懐かしくなる場所。古く、廃れていくものへの愛おしさ。前々より不思議だな。日本人のソウルってことかな?などと、漠然としたことしか考えたことがなかったけれど、親から受け継いだDNA、はたまたいつか自分もこの世からいなくなってしまう儚さ、なども考えられるのではと沼田さんが仰っていて、なるほどなあって思ったのでした。
また、難波さんが書籍を発行する際に沼田さんに装丁デザインを依頼することになったエピソードが聞けたことも嬉しかったです。本の仕様を決めて行く経緯、聞いていてワクワクしました!
難波さんは、“東京喫茶店研究所二代目所長”。初代の沼田さんと二代目の難波さん、二つの世代に渡り、このような文化がしっかりと受け継がれて行くのを見届けられたことに、個人的にはすごく感動。行って良かったです。


そんなお二人からのスーベニイルが! 難波さんの写真と言葉の【紫陽花冊子(なんとひとつひとつ手作り!)】、沼田さんのコケーシカグッズ! 嬉しくて頬が上がりました。ほかにも沼田さんからは飛び上がっちゃいそうなほどの嬉しい“アレ”も皆さんの手に渡り。。。ここでは公開しませんが、宝物です。



その後、難波さんにサインを求める方などがたくさんいらっしゃり、そしてそのすぐ横には沼田さんが。。。! あわわわ、どうしよう、何かお話ししたいけど緊張しすぎて汗が。

と言いつつ私は今回の鎌倉旅に、手元にあった沼田さんの本やグッズを片っ端から持ってきていたので(なんだか持ってこずにはいられなかった)、本全てにサインをしていただき、ずっとファンだったことや、今まで手にしたおもしろいデザインのマッチの話などもさせていただいた。
その時の私は自分でもどうしようもないほどテンパっており、恥ずかしくてプレイバックできない。。。嬉しかったです。
ちなみにこちらには後ほど角野栄子さんもいらっしゃり(次の本談会にご参加)、まとった雰囲気が上品で美しい角野さんをこんなに間近で拝見し、くらくらと。お洒落なワンピースがお似合い! 私の大好きな魔女の宅急便が。。。ヌマ伯父さんが。。。私の青春!!!(なにか、変? 笑)
お二人のツーショットを目の当たりにし、息を飲みました。



長くなるので、その2へ続く。。。

広告を非表示にする