マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

“こけしづいている”。

先日鎌倉にてコケーシカのこけしたちを楽しんできたばかりですが、最近“こけしづいている”ことに、あどさんからも箱根土産としてこけしをいただきました!

すんごくかわいい! 顔やお洋服の愛らしさ!淡彩の色合い!つるりんとした手触り! もう、たまりません。

包装紙のデザインも素敵だった。タイトルも。。。


ちなみにこちら、鎌倉に赴く前に既にいただいたんですが、箱根には【近代こけし】というのがあって、若い方が技術を引き継がれ、どんどん新しいものを生み出しているそう。
なのでこのこけし達も、どうやら若い方が携わっているようです。タイトルの付け方など、心憎いですね。。


私も3月には箱根に行っていてブログにも書いているんですが【3月27日の日記】、そのとき何気なく撮ったこけしの写真を見返してみると、こちらも【近代こけし】のようでした! 箱がおんなじ(左のみ、右は不明)です。
 


コケーシカ店主沼田さんは、ご家族の都合などでお店を鎌倉に構えることにされたそうですが、そうでなければ箱根でのオープンを考えていたそうです。箱根にてこけし文化が発達したことについても、先日沼田さんが話されていました。
東北での復興としての「こけし」も本当によく目に触れる機会が多いし、よく行く千駄木の書店には、沼田さんが編集長をされている「こけし時代」が入荷するとのツイート情報も。

私にとってこけしは、小さい頃、ちょっと怖い存在でした。おばあちゃん家や友達の家の寝室などに古いものがにょきにょきっと何本か置いてあり、暗がりにひっそりたたずむ飄々とした表情のこけしは、インパクトがありました。
それがどんどん、素朴で愛らしい存在、はたまた、そのたたずまいに放っておけないような存在に変わって行こうとは。。。
こけしづいている”今日この頃です。。。

広告を非表示にする