マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

仕事部屋の整頓・コードの整理の回

仕事がある程度落ち着いてくると、むしょうに掃除や本棚などの整理をしたくなる。
“整理整頓”関連の本や冊子は、普段はお風呂の中で読んでいて「今度はああしたいな、あれをこっちに持ってきて、あれとひとまとめにしたいな」などと妄想する。膨らんだ妄想をパチンと弾かせるべく、整理整頓に奮闘するのだ。
奮闘後にすっきりとした自分の部屋をひととおり見回し、すがすがしい気持ちになる瞬間もたまらない。そんな整理整頓日記です。
ちなみに、前回の日記はこちら。【1月12日・仕事部屋の整頓


本棚BEFORE

↓AFTER

違いがわかりにくいかもです。。。
結婚式、プライベート用の写真などをプリントしてアルバムが増えたので、スクラップブックなどのクリアファイルは押し入れに移動させました。


本棚1・2段目BEFORE


↓AFTER


1段目の木箱は、前はデスクの上にあったものを移動。ライトボックスのケーブル、外付けHDDのケーブルを入れてます。いつも使う訳ではないので、ホコリよけ。
その分はみ出した雑誌等は、3段目の無印の白いファイルケースの中。動物マトリョーシカは、今は1階の居間の本棚にいます。



机の上BEFORE

↓AFTER

木の箱の数を減らし、ファイルボックスを右端に追加しました。
よく使う書類、スケジュール帳、外付けHDD、ペンタブなどがここへ。ペンタブはコードは繋がっているので、必要なときに取り出します。本棚にあった写真立て(父との写真)は、今はハワイの時の写真に変えています(父との写真は、スケジュール帳のクリアケースの中です)。



机の下BEFORE

↓AFTER

今回メインで変えた部分!! 掃除のときにいつもじゃまだったコードを、全部床上になるように移動しました。


電源タップはマグネットのものに。コードは、ネットで探したマジックハンドテープでまとめました。100均で買ってきたクリップを机下の柱に貼り、まとめたコードをはわせました。
コードの結び方などにまだ改善の余地ありという感じなのですが、とにかく安全第一ということで、束ね過ぎで熱を持たないように、ゆるやかに留めていきました。クリップもプラスチックのものです(電気コード+金属の組み合わせがなんとなくこわい)。

左側にはネットのルーターなど。扉のむこうの寝室にあるテレビやプレステにもつないでいるため、若干とっちらかっています。
このルーターたちを、本当は床上にしたくて、今対策を練ってます。タイヤ付きの小さな板に乗せるとか? 赤羽のダイソーが大きいので、今度探してみるつもり。。。
それらの目的は、とにかく掃除しやすくすること!!!



押し入れBEFORE

↓AFTER

2段重ねていたカラーボックスを右端、左端に分けました。そしてこの上に突っ張り棒を配置し、冬のコートや冠婚葬祭用の服を下げています。
本来、突っ張り棒は壁に取り付けるものですが、家が古いため壁に圧力をかけるのがこわく、ゆったりした突っ張り方のため、カラーボックスで支えているのです。
押し入れ左側

【内容】プリント用紙、イラスト用画材、イラスト原画&実績、スクラップブックなど
押し入れ右側

【内容】デザイン実績、デザイン素材集、手紙セット、マッチや喫茶店のセットなど



以上です!!
とにもかくにも、毎回思うのは、私はめんどくさがりだということです。。。
整理は大好きだけど、根本は、とにかく楽にモノを見つける、楽に掃除ができる空間が欲しいだけです。なので、徐々にそこに近づいていけるのは楽しいです。



↓ここからちょっとめんどくさい文
あとは、今はインターネットで簡単に情報が見つかるけど、あまりにも情報だらけで疲れる感覚があって(自分で選んだ感覚だけどね)、それをちょっとでもシンプルにしたいなって思って家のモノを減らそうとしている節もある。。。ネット情報と、家の中のモノの情報を合計したものが、ちょうど適正量っていうか、ぴったりな感覚だなって思えるときが確かにあるのだ! たくさんあふれると、俯瞰もできずに、時代に埋もれてしまってる感覚になる。それはそれでいいこともあるけど、本来影響されやすい質だからか、見失わない感じ? を、大事にしたい。。。
逆にネットがない時代だと、もっともっと違う部屋(例えば、壁一面が本棚になっているなど)だったかも知れません! 戦後の、モノがたくさん家にあることが幸福という価値観とは、ずいぶん変わってきてますね。
読んでいただきありがとうございました☆

広告を非表示にする