マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

帰省中のできごと・その4

【いままでの日記】
帰省中のできごと・その1→
帰省中のできごと・その2→
帰省中のできごと・その3→


札幌や小樽に行くのは初めての夫と、定番どころをのんびり観光してきました。

時計台と夫

テレビ塔。と、その展望台から大通公園を見る母と私

もちろん顔を出す。

雪印パーラーの賑やかなサンプルケース。テイクアウトでソフトクリームを買いました。

アイスクリームタワー、80,000円!

タクシーの車窓からすすきのを。

そのまま札幌ビール園へ、ジンギスカンを食べに。

顔を出す。

資料館を見学。ものすごい広告の数!

リボンちゃんに、

時代を彩った俳優たちのコーナー。

顔を出す(しつこいですか?)。

ほか、いろいろ。ちなみに駅前でも、時計台でも星形のシンボルが印象的な札幌の町。なぜ星形かが曖昧だったので、今さら調べ直してみたところ、wikipedia北海道旗のページに、詳細が書かれていました。この情報がどこまでが正確かはわかりませんが、やはり、開拓史の時代に使用されていたことが元になっているようでした。




それから、こんなところへも。HTBテレビ局です!(ちなみに、ここら辺は母と別行動です)

見覚えのある駐車場

テレビ局の先に公園を見つけ、大喜びで駆け下りる夫と私

ついにこの場所へ!

それから動画を撮ったりして、夫婦でテンション高く過ごす。ちなみに上の私の写真はぶりっ子をしているわけじゃなくて、「今日も一日のびのびと」をやっている。

局内には、小さな展示コーナーも。

うれしかったです!
ほんとに、思いのほかテンションが上がるので、この番組のファンでここにアクセスしやすい方は、すみやかに足を運んだ方がいいと思う。南平岸駅からも近かったですし、おすすめ!


後日、水曜深夜に実家で見た番組にて、同じ場所であることを改めて感じ入り、テレビに向かってカメラを。この画面の右上にうつる建物がHTBで、ほんとうに近いのです。



それから、小樽の街を散策。
運河周辺はどんどん観光客向けのお店が増え、賑わっている印象だけど、駅近くのちょっと寂しいアーケード街の方に惹かれてしまう。

小樽は実は2歳まで住んでいましたが当然記憶は無く、でも毎年夏休みは家族で必ず遊びに来ていたので、思い出深くもある街。中学生のときに、背伸びの気分で【喫茶巡り2人旅】を友人と行ったのも小樽です。港町のレトロな風景に、海のない旭川の我々は憧れを抱いていたのでした。【光】【さかい家】に行った記憶があります。
古いアーケード街などが残っていると、そういう郷愁感に浸れるのが良いなって思います。

かわいかったトイレのピクトグラム

車窓から銭函の海岸と海。ここから一路、新千歳空港をめざし、夫を見送ったのでした。


喫茶「光」にも訪れたんですが、そのときのことはまた後日の日記にまとめます。