マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

手紙舎さんの蚤の市へ

週末は、手紙舎さんの東京蚤の市へ。寒かったけれど、たくさんの魅力あるモノに触れてきて、いっぱいいっぱいになりそうな気持ちのまま楽しんできました。
蚤の市に足を運んだ大きな目的は、トークライブ【純喫茶コレクション 難波里奈「レトロ純喫茶物語」】を観ること。あどさんと一緒にステージイベント会場へ!
たくさん足を運び、たくさんの純喫茶の魅力に触れてきた難波さんならではの話に耳を傾けているうちに、もうすぐにでも純喫茶に行きたくてウズウズ・・・。あどさん共々、しばしその衝動を抑えるのに大変でした(笑)
そして、イベントを見にきた方への、難波さんからのスーヴェニイル。

「may」のマッチはクリスマスカラーでとってもかわいいのでした! トークライブ終了後に少しだけお話させていただきました。


蚤の市はカワイイものであふれていました。特に、アンティークの食器、家具。外国からやってきた雑貨。ナチュラルなもの、朽ちたもの、笑えるもの、さんざんじっくり見回し、家につれて帰りたいものへとの葛藤にもう何度も襲われました。
最終的にこれらをお持ち帰りすることにしました。

「活版宝石」というのは私は初めて見たんですが、その名の通り、アクセサリーなんです。

ネックレスやピアスなどが並び、私が選んだのは片耳イヤリング。金具以外は活版印刷で刷られている。表面はつるんとしていて、丈夫だけれど少ししなりもあり、不思議な感触。
多少であれば水に濡れても大丈夫だそう。

私はピアスの穴があいていない。金具の部分がピアスっぽく、軽いイヤリングは、とっても嬉しい。大きいためアクセントにもなるし、柄もなんだか大人っぽい。。。(↑やや耳たぶ上部に付けちゃっているけれど)

壁掛け時計は、古い我が家にちょうど馴染んでくれているみたいで嬉しい。

ちなみにこちら、さんざん迷ったけれど買うのをあきらめた熊の木彫り…(撮影:あどさん)。
道産子だからか、様々な喫茶店で見つけるたびにときめいてきたからか、特にこの鮭を加えた熊が好きなんです。しかも、こんなに素朴な顔立ち! サイズもほどよく。。。
しかし既にたくさんお買い物をしていたため、涙を飲んだのでした。


それからやっと、純喫茶巡りへ。


仙川のペルリさんは、あどさんが難波さんのブログで見つけていたとのことで、案内してもらった★
木造で窓からの抜け感もあって心地よく、ほんとに居心地がよかった。マスターも良い方だった。

マスターより「1853年創業というわけではないんだよ」とのこと。。





明大前のスプーンハウスでは、フルーツ付きホットケーキ! このホットケーキ、これだけフルーツが豪華で500円台というびっくりな価格。フルーツのボリュームがたっぷりで、ホットケーキが隠れちゃってるほど。ホットケーキは2センチくらいのものが二段になっている。あつあつのふかふかで、また表面だけはちょっとパリッとしていて、すごくおいしかった!
スプーンハウスさんは食事メニューも豊富で、安く、近所にあったらランチに来たい。



そんな、盛りだくさんの一日でした。四国旅行に行っていたあどさんからはカワイイお土産もいただいたし、途中、千歳烏山の喫茶宝石箱さんでもおいしいナポリタンを食べたり、本棚に1983年くらいのオリーブを発見し、誌面の広告ページに若き片桐はいりさんを見つけて興奮したり。
それと、「街で見る看板のフォント達を実際に声に出して読むと、どんな声色になるか」を(きっと伝わっていない・・・)あどさんと実践して大笑いしたりと、あらゆる面で充実度の高い1日でした。
「また明日から頑張ろう〜」、オーソドックスにそう思えた1日!

広告を非表示にする