マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

“なまら旨い食材”

先日誕生日を迎えたのだが、そのお祝いにと母が実家のスーパーの食材を購入してくれて、我が家に宅急便が届いた。3便届き、弟の手書きで伝票にはこんなふうに書かれていた。

f:id:tellacoli:20140418112406j:plain

f:id:tellacoli:20140418112428j:plain

f:id:tellacoli:20140418112449j:plain

実家のスーパーは弟が肉と魚、店長さんが野菜を担当している。2人の力を合わせてこんなにもたくさんの食材が揃った。

 

まず、魚!

f:id:tellacoli:20140418113456j:plain

f:id:tellacoli:20140418113337j:plain

即日食べた湧別のカニ(オホーツク海のもの)、有名な鵡川のししゃも、30cm以上ある大きなホッケ、ミニにしんなど。。

 

それから、肉!

f:id:tellacoli:20140418113028j:plain

お店自家製のジンギスカン、しゃぶしゃぶ用の肉にしょうが焼き用の肉、旭川で有名な焼き肉屋さん「大手門」のホルモンやガツなど。。。

 

そして、野菜!

f:id:tellacoli:20140418114148j:plain

こちらはなんと手書きのメモ付きである!

f:id:tellacoli:20140418114843j:plain

f:id:tellacoli:20140418115059j:plain

f:id:tellacoli:20140418115409j:plain

読み込んでいるだけで、おもしろい。。。

店内も、こんなふうに手書きPOPがたくさん並んでいて、実家に戻った時は、じっくり読み込んでしまう。ばばばーーーって流れるように書いていることが想像できて、そのペンの走りにも味わいがある。誰でもできることじゃないと思う。すごいなー。

f:id:tellacoli:20140418114933j:plain

今回、送られてきた食材のほとんどが北海道産で、やはり、地元のものをこんなにモリモリ食べられることが何より嬉しいし、改めて北海道の食材の豊富さってすごいなーとも思った。

冬は雪だけれど、またその雪の中で眠っていた野菜たちがおいしいのだ。

f:id:tellacoli:20140418114441j:plain

旭川産の野菜は、動物園のキャラクターでパッケージされていた。(品種によってすべて動物が違う)

 

モーレツに嬉しい誕生日プレゼントとなってしまった!!

もう、完全に地元じまんというか、実家のスーパー万歳という内容の日記だけれど、ドヤ日記(ドヤ顔ならぬ、ドヤ日記…)ついでに言うならば、どれも本当にめちゃめちゃ美味しかった。

夫とありがたい、ほんとすごいねと毎日感激しながら食べている。

 

しかし、私らだけで食べるのも勿体ない!ということで、今夜は我が家でホットプレートを出し、ミニパーティーなのだった。ゲストは、あどさん。

野菜とキノコのバター焼き、ししゃも焼き、ジンギスカン、シャドークイーンという芋のポテトチップス、というメニューを考えていて、もぅ「さあ、太ろう!」と言っているような内容。だけど、“がっつり、たっぷり” がふさわしい食材たちだとも思う。

 

前にも記しましたが、実家のスーパーは旭川の「小柳ストアー」という(以前の日記→)。

 

◇ 昨年実家のスーパーを撮影したもの

f:id:tellacoli:20130803155134j:plain

f:id:tellacoli:20140425161941p:plain

f:id:tellacoli:20130803154116j:plain

店中POPだらけだというのが、小柳ストアーの特徴のひとつにもなっている。これは意図したお店の方針ということではなく、色々なことをお客さんに伝えたいと思っている内にこうなったそうなのだ。

f:id:tellacoli:20140425162111p:plain

弟は大学時代からお店を継ぐ意思があり、今までもくもくと学んできたのだけど、実家に帰ってからはやりたいことが爆発しているという感じで、コロッケを揚げたてでくれたり、お寿司を握ったり、少人数でやっているとは思えない程に色々なことに取り組んでいる。帰るたびにお店をのぞくのが楽しくて仕方ない姉なのだった。

f:id:tellacoli:20130803154119j:plain

そしてまた、どれだけ効率のよいシステムを作ろうとも、個人の人々がかもし出すキャラクターや暖かみ、懐かしさを覚える手作りの感覚、味わいある古さなどは、ほかにはかえがたいものだと改めて思う。

純喫茶が好きな私だけれど、実家の昭和な雰囲気には純喫茶とも相通じるものもあり、 足を運ぶたびに懐かしさと、何より大事にしていきたいものに気づかせてくれる。

 

 

夏に実家に帰ったら、また賑やかな店内とみなさんに会えるのが楽しみで仕方ない。もちろん、食べることも。

その前に、今夜も食べます。

広告を非表示にする