読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

更新します。「リリーのこと」

純喫茶 マッチ

あまりにも日が空いてしまったブログ。ゴールデンウイーク後は、少しは更新できる隙があるのではと目論んでいたけれど、まったく隙を作ることができずここまで来てしまいました。

今月は、喫茶店もふたつしか行けていません。(ひとつめは、難波さんと待ち合わせした、高山珈琲。ふたつめは、母の日のお祝いの帰りに、北千住のサンローゼへ…。少しだったけど、至福でした)

 

ブログのアクセス解析を見ると、今月の閲覧数が3000に…。最近増えてきて(←自分の中では)、ありがたいやら申し訳ない気持ちにもなるやらです。

しばらくの間、呼吸の浅い日々でしたが、ようやく今日から息を吹き返してきました。元の生活・仕事リズムの感覚を取り戻しながら、ここも元のリズムに戻していきたいです。

 

前からずっとアップしたかった「リリー」のことです。

f:id:tellacoli:20140329154102j:plain

f:id:tellacoli:20140329154120j:plain

あどさんに教えてもらって一緒に訪れたリリーは、一目見るなり大好きになりました。喫茶店が階段を降りた半地下であること、じゅうぶんにゆったりした店構え、上が昭和のブティックであることなど。。わき道にあり、ひっそりとした佇まいであることにもワクワクしました。

f:id:tellacoli:20140329162118j:plain

f:id:tellacoli:20140329162110j:plain

f:id:tellacoli:20140520021256p:plain

このお洋服の組み合わせ。。。いつ頃からのディスプレイか分かりませんが、パンツのシルエットやインナーの青も今っぽく、ジャケットが最高にかわいいですね!

f:id:tellacoli:20140329154918j:plain

f:id:tellacoli:20140329154931j:plain

穏やかな雰囲気のマスターに会釈をしつつ、店内へ。写真をたくさん撮らせていただく。

スナックルームのようでもある内装は、光の入りが明るくて、すっきりと気持ちのいい空間のように感じられました。すべてがセピアで、日差しがセピアの内装にさんさんと降り注ぐので、優しいムードがありました。

f:id:tellacoli:20140329154945j:plain

f:id:tellacoli:20140329154857j:plain

木のシルエットがモチーフのシェードランプは、お洒落でした。

f:id:tellacoli:20140329155000j:plain

f:id:tellacoli:20140329155019j:plain

居心地がよさそうな雰囲気が、写真からも伝わるだろうか(下手だからな…無理かも)? この間、たくさんマスターさんとお話させていただいたのだけど、なんとも穏やかな、素敵な方。内装はもちろんのこと、この雰囲気は、マスターのお人柄によるものだろうなと、感じ入っていました。

f:id:tellacoli:20140329154607j:plain

マスターさんに注文したのは、「アイスジョッキー」。ジョッキに注がれたアイスコーヒーということで、メニューには別にアイスコーヒーもあったことから、何かが違うようす。こちらをお願いしたところ、氷をこまかく砕く音が聞こえてきました。

f:id:tellacoli:20140329155241j:plain

出てきたのは、アワアワなアイスコーヒーでした!

f:id:tellacoli:20140329155300j:plain

ジョッキに注がれたアイスコーヒーと、たっぷりの泡。まるで黒ビールみたいです。ぐーっと飲み干したくなっちゃう。ほんのり甘くておいしい。脇のお菓子は、上のブティックのお店のマダムが喫茶店に立ち寄った際に、私たちにくれました。明るいマダムといろいろお話しし、賑やかなムードに!

f:id:tellacoli:20140417205601j:plain

「最近欲しがる方が増えてきたので、奥から引っぱり出したんです」と仰っていたマッチは、さりげない「リリー」の花もポイントとなった、素敵なものでした。女性の横顔、ひらがなのリリーであることもかわいらしいです。

 

 

こちらの喫茶店は、昨年発行された純喫茶の書籍に掲載されたとのことで、随分お客様が増えたと仰っていました。今は喫茶巡りのため、全国各地から来る方も多いそう。

書籍の著者の方とは、お店のカウンター(アール型で素敵)にて、“ちょっと特別に”と2人でお酒を飲んでいろいろ話したとも仰っていました。

が、知っている方も多いかと思うのですが、著者さんは若くして昨年亡くなられたとのこと。。。私よりもずっと若い方で、突然のことだったそうで、ほんとうに、なんといっていいかわかりません。

マスターと著者さんは、書籍ができあがったら届けにくるので、またリリーのカウンターで一緒にお酒を飲もうと約束していたそうです。それをお伺いし、胸にくるものがありました。

f:id:tellacoli:20140329151949j:plain

石神井公園の近くにある「リリー」は、そんなふうな、マスターと著者さんのエピソードもある喫茶店でした。やりきれないような気持ちと、でも温かな、穏やかなお店の雰囲気に包まれてお店を出てきました。

これまで訪れた喫茶店にも、これからのお店にも、こんなふうにきっといろんなエピソードがあるのだろうなと思います。そんなことも喫茶店の味わいになっているのだろうなと、リリーさんのおかげで、優しく反芻することができました。

 

 

久々のブログ、前から書こう書こうと思っていた「リリーのこと」でした。さて、これからはもう少し頻繁にアップできると思います。

純喫茶巡りも、もっとたくさん。GWは熱海にも行けなかったけれど、もうすぐ大阪へも。

広告を非表示にする