読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

大阪の純喫茶・その8

5月のあいだに。。。(喫茶巡り準備編)→

大阪の純喫茶・その1→

大阪の純喫茶・その2→

大阪の純喫茶・その3→

大阪の純喫茶・その4→

大阪の純喫茶・その5→

大阪の純喫茶・その6→

大阪の純喫茶・その7→

 

King of Kingsに行ったことにより、大阪にて行きたい純喫茶は、ほとんど足を運んだことになりました。

あとは、八尾市にある「ザ・ミュンヒ」にも行こうかどうしようか迷っていたんですが…。(最近「マツコ有吉の怒り新党」でも放送されていましたが、こだわりの珈琲を出していることで知られているお店…長年熟成された75,000円の珈琲があるとか! そして、マスターが気に入ったお客様には、マスターの青年時代の美しいブロマイドをプレゼントしてくれるそう…)

結局、こちらも気になっていた通天閣から動物園付近を散策することにしました。

 

通天閣を目指す商店街の中で、まず目についた「ブラザー」へ。

f:id:tellacoli:20140524143104j:plain

昔から営業されていそうな、庶民的なムードがあるのですが、タイルや壁やウインドウシールなど、ひとつひとつがかわいらしいお店でした。

f:id:tellacoli:20140524143115j:plain

f:id:tellacoli:20140524145215j:plain

f:id:tellacoli:20140524143314j:plain

f:id:tellacoli:20140524144033j:plain

f:id:tellacoli:20140524143301j:plain

f:id:tellacoli:20140524144255j:plain

レモンスカッシュをオーダーしたところ、想像よりもずっと豪華なものが出てきました。シロップで甘さの加減を。お菓子もいっしょに。

f:id:tellacoli:20140524144106j:plain

 

 

 

f:id:tellacoli:20140524145918j:plain

入店しませんでしたが、「スター」の外観やムードは“ならでは”という感じまんさいでした。

f:id:tellacoli:20140524145949j:plain

通天閣も写真に写り、初めて大阪らしい写真かも? 知れません。観光客でにぎわっており、大阪に来てやっと、たこ焼きも買い食いしました。

これまで食べたものといったら、トースト、プリン、ナポリタン、ホットケーキ、カレーだけだったので…。

 

 

通天閣ジャンジャン横丁動物園前一番街〜動物園前二番街を歩きました。

とんでもない喫茶の数です!チェーン店はほとんど見当たらず、個人店の聖地。この辺りの街のムードは独特なので、歩くのにやや緊張感はあるのだけど、ほんとにすばらしくて感激です。

ただ…、2日間ぶっ通して喫茶店ばかりだったので、まさかの事態が。少し、喫茶店に入ることに飽きてきていたのです! 信じられない。が、体が嘘をつけず。

電話で、夫にも「ついに飽きてきた…まだ折り返しなのに…」と伝えると、「飛ばし過ぎだわ」と笑われました。

ひとつひとつの喫茶店を「またあった、あ、またあった」と確認するだけになってしまいました。

f:id:tellacoli:20140524163048j:plain

と言いつつ足も疲れてきたので、動物園前一番街の入り口にある「香豆里(コーズリー)」に入りました。

f:id:tellacoli:20140524160841j:plain

f:id:tellacoli:20140524160944j:plain

常連さんらしき方々で賑わっていました。そんなふうなお店に突然いちげんさんの私が入ると、たいてい「あれは誰だ?」という視線をいっぺんに浴びたりするもの。ときどき独特の緊張感があり、自身の調子が悪い時はそんなことだけで心折れたりするのですが…。

けれど、誰が入ってこようがあまり構わない、そんなムードが大阪の純喫茶には多く、あまりためらうことがなかったのも、今回よかったところ。コーズリーでも、写真の許可をいただくやり取りをした所で、まったく気にされず、お店の方もあっけらかんとしていました。

…そうそう、あっけらかんとしていた方も多かったです。初日の「ゆうなぎ」で、大阪人は庶民的だからなあと言われていたのをしみじみと思い返していました。あとは、やっぱり商業の町だから、接客に対してフレンドリーなのかなあとも。。。

 

 

夕方から友人に会うため、少しずつそちらエリアに近づきつつ散策をすることに。「Meets」に掲載されていた「スモール」がとてもよかったので、行ってみよう!

f:id:tellacoli:20140523191454j:plain

内装がかわいらしい雰囲気であることに加え、マダムは京都「六曜社」の第1号ウエイトレスだそう!マダム自身の体のサイズに合わせ、内装を始め店名も「スモール」としたのも素敵。156cmの私に、こちらのテーブル席はフィットしただろうか?

f:id:tellacoli:20140523191317j:plain

ちなみにこちら、「ザ・ミュンヒ」の記事…。いつかきっと行こう。

f:id:tellacoli:20140524182514j:plain

f:id:tellacoli:20140524182846j:plain

…というふうにワクワクしていたのですが、スモールは残念ながら閉店後。

夕方になると営業を終えるところが多いみたいです。ひさしのボーダーを始め、定規でぴっと引いたような、すっきりとした外観も素敵だったのですが。残念。

f:id:tellacoli:20140524183027j:plain

f:id:tellacoli:20140524183621j:plain

f:id:tellacoli:20140524183742j:plain

ちなみにこの後「黒門市場」に入ったのですが、喫茶店はことごとく閉店後でした。マークのかわいい「サンバード」、「一番」「おいで」は、なんだか大阪!という感じの店名に惹かれました。

 

 

f:id:tellacoli:20140524191005j:plain

なんばに戻り、心斎橋方面へ。土曜の夕方は街に人も増え、さすがに歩き疲れたこともあり、地下街を通ることに…。

と、店名的に見逃せない喫茶店があったため、またまた入店してしまいました。きれいな地下街にあるけれど、飾ってあるものが古く、新宿のスカラ座のように、歴史は長いお店なんじゃないかと思ったため。

f:id:tellacoli:20140524190451j:plain

f:id:tellacoli:20140524185719j:plain

ほぼ満席のお店であまり写真は撮れていません。が、ほんとうに馬やどのような幌があり、そこをくぐって着席しました。オリジナルグッズがいっぱいでした。マッチもありました。かわいかったです!

 

 

こんな流れで、大阪の純喫茶巡りは終わりました。

なかなか来れない場所で多少がっついて梯子してしまうのは、もう致し方ないと思っている所…。実はアップしていないだけで、もう少し入店しています。

ほか、閉店、改装中などで入れなかったお店もたくさん。

この後久々に会う友人にも、これだけ喫茶を巡ってきたとは、少し恥ずかしくて言えなかったです。が、ひとつ夢中になるとそればっかり追求しちゃうクセは10代の頃からなので、そんな想い出話に花が咲いたりも。

ほろ酔いでホテルに戻りました。

 

 

さて、翌日からは神戸です。

喫茶巡りブログばかり続いてしまったので、自分で気分を変えたいため、別のテーマのブログを挟むかもしれません。

 

ここまで読んでいただいた方がいらしたら、ありがとうございました!

広告を非表示にする