読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

純喫茶のはしご3軒

純喫茶コレクションの難波さんのはじめの著書「純喫茶コレクション」をふたたび読み、全部行きたいな。まだ訪れていないお店にも足を運びたいな。と思いました。

著書内で未踏のお店は10軒くらい。うち、都内は7軒あることがわかりました。

日々閉店していくお店も多いため、やはり“行きたい”と思い立ったらすぐ実行すべし。平日に都内で打ち合わせ後、4時間ほど空き時間ができたため、あれこれはしごすることにしました。この日は3軒。

f:id:tellacoli:20150911161745j:plain

ストライプの壁が印象的なアルプスさんはとても古いお店とのことで、マスターがいろいろお話してくれ、開店当時から使われている食器だとか食材を教えてくれたりして、楽しい時間になりました。

f:id:tellacoli:20150911155409j:plain

数年前に張り替えたとおっしゃる黒革のきれいなソファで過ごす。お店のロゴも素敵。このときは、すごく貴重なものをお土産にいただきました。大事にしよう…。

 

それから、押上のシロウマさん。

f:id:tellacoli:20150911165940j:plain

道の角にある感じ、さりげないたたずまいが、なんかホッとするなと外観を見ていて思いました。煙草も販売。

いちばん好きなのは店内の空間と空間の間にある丸いアーチで、純喫茶の内装ならではのこんな装飾に、なんともキュンとすることが多いのでした。

ママも優しい方だった。スカイツリーができるまでのこととか、色々聞きました。昔よく行かれたという谷中の話も。あの店はこうだった、この道を歩いてた、などと、今と昔の谷中の街の話で盛り上がる。

途中、煙草を買いにいらっしゃる方がけっこう多いことも印象的でした。

f:id:tellacoli:20150911173215j:plain

お店を出ると、こんな景色。こちらでは、スカイツリーそのものを見るよりも、川に映り込む風景を眺める方が好きでした。

友人はこちらがご近所とのこと!ホッとできる喫茶店が近くで、羨ましいな(私はいま、近所喫茶ジプシーなので。。。)

 

f:id:tellacoli:20150911175733j:plain

個人的にとっても好みだったのが、伽羅さん。

f:id:tellacoli:20150911182159j:plain

f:id:tellacoli:20150911182218j:plain

年季を帯びた店内は、セピア色を越えて飴色でつややかで、美しいママが穏やかに接客してくださいました(きっと常連さんにはママのファンの男性客もいらっしゃるでしょう)

扉をあけると、まず出迎えてくれる熱帯魚の水槽はきらきらとしていて、照明やカップの並びなど、きれいで見とれるものばかりなのでした。

f:id:tellacoli:20150911182310j:plain

飾られているものは、すべてお店の雰囲気とぴったりで、センスのよいママさんなのだなあと思いました。東郷さんの絵は、カレンダーから切り取ったそうで、壁の色との色調がマッチして、うっとりでした。

f:id:tellacoli:20150911182120j:plain

カウンター奥に美しく並んだカップを時々喫茶店で発見しますが、見るたびに、2011年の震災時に割れずによかったなと思います。棚に対して横揺れだったそうで、そのためひとつも割れずにすんだとのことでした。

f:id:tellacoli:20150911182144j:plain

摩周湖で買われたと言うお花の飾り物は、壁の色とあまりにもマッチしているので、もともとこんな内装だったのかと思うほど。年が経つにつれてどんどんこのような色に変化したそうで、だから、こちらのお店の内装は全部統一感があって美しいのだなあと思いました。

また、どれもお手入れとお掃除が行き届きぴかぴかなのでした。

f:id:tellacoli:20150911175700j:plain

「きれいに見えるところだけ撮ってね」とママは笑っていましたが、どこを切り取っても美しいなと思いました。

ちなみに右側の壁側はやや床が傾き、年季の入っていることを思わせました。たゆむ床を踏みしめると、新開地で訪れた喫茶店にもこんなところがあったなあと懐かしくなりました。

お店の目の前の通りは、車の往来が激しめで、またこの辺りは、道がこまかく分かれているものだから、オリンピックが来るまでに大きな道路一本になるかも知れないとのこと。。。

そうなるとお店の存続もよく分からないそう。なんともやるせない話です。

 

いっときのお祭りのため、こんなふうに長年の、日々の繰り返しによって育まれたものが壊されていいのかな。この飴色の芸術のような世界はどこへと、いつも私はこんなとき、何よりも怒りを覚えてしまうんですが、そうはいっても何もできないので、せめてまた足を運び、珈琲を飲もう。世界観を味わおう。

というふうに思いました。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

marble marble テラコリダイアリー

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブル模様やマーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「marble marble テラコリダイアリー」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)
イラストサイト:http://tellacoli.com/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

広告を非表示にする