読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

無印ファイルに喫茶グッズ収集(改訂版)・1冊目

f:id:tellacoli:20161012225204j:plain

先日、同じタイトルで記事をアップしました。

…ですが、その後無印ファイルをさらに見直し「これ、もうちょっと整理できるな」って思いました。

今までは「箸袋」「カード」「コースター」「紙ナプキン」などは各カテゴリ別にファイルにしまっていましたが、すべてが揃っている喫茶店のグッズは、全部一つにまとめたいと思い直したのでした。

ポケットファイルを少し買い足し、もう一度整理タイムを設け、数日間に分けて集中して再度整理。

一段落しましたので、改めてアップし直したいと思います。

 

しつこくなりますが、改めて1冊目の無印ファイルの中身・主に包装紙です。

f:id:tellacoli:20161031213521j:plain

馬車道の「十番館」、ビスカウトを買い求めた際の包装紙です。先週の話。

 

f:id:tellacoli:20161031213542j:plain

豊島屋の鳩サブレの包装紙。鳩サブレの缶は、大きめのものを購入しました。マッチをたくさん収納したかったため。主に東東京のマッチをここに入れています。もういっぱい。

 

f:id:tellacoli:20161031213603j:plain

昨年訪れた、京都の「半兵衛麩」。忘れられないおいしい味です。また買いたい。

 

f:id:tellacoli:20161031213616j:plain

確か札幌で購入したか頂いた、「一久大福堂」は、いちご大福がおいしい!

 

f:id:tellacoli:20161031213625j:plain

手紙社主催の「印刷工場ピクニック」で購入した紙。何に使おうか思案中。

 

f:id:tellacoli:20161031213639j:plain

駒込、カド。

 

f:id:tellacoli:20161031213645j:plain

東京會舘のクッキー缶の包装紙。素敵に建て替えが行われるといいなと思う。お菓子等はオンラインショップで購入することができる。

 

f:id:tellacoli:20161031213703j:plain

美しい包装紙。うっかり何の紙だったか忘れてしまった。

 

f:id:tellacoli:20161031213714j:plain

ピケニケカステラは、2007年、開運堂に訪れた際にジャケ買いした。松本は冊子「いろは」などで当時憧れ、一度は一人で、二度目は母と行った思い出。このブログスタート当時だったので印象深い→(ブログスタート時は、今と文体がずいぶん違う…!)

 

f:id:tellacoli:20161031213819j:plain

同じく「開運堂」で、白鳥の湖の包装紙。紙、箱、中身。完璧に美しく、しかもほろほろ溶けるようなクッキーはとても美味しい。こんなお店が近所にあったらお決まりの手土産だっただろう。

 

f:id:tellacoli:20161031213728j:plain

デメル、お菓子は頂いたことも、自分で買ったことも。お菓子はすべてロマンチックなパッケージデザインで、きれい。

 

f:id:tellacoli:20161031213739j:plain

「コーヒーの大学院」のテーブルに敷いてあるシートです。A4弱のサイズ。このシートは「大学院のコーヒー」の表記。

 

f:id:tellacoli:20161031213752j:plain

洋菓子「WEST」は、ポロンがおいしかった!友人からいただいたリーフパイも以前美味しかったな。季節限定缶とか、いろいろ特別なパッケージを提供しているお店だけれど、なかなか手に入れられず…

 

f:id:tellacoli:20161031213805j:plain

肉の万世の、サンドイッチを買った際の包装紙。いつか秋葉原のあの大きなビルで食事したい。

 

f:id:tellacoli:20161031213830j:plain

あどさんに頂いた、こけしが入っていた包装紙。

 

f:id:tellacoli:20161031213844j:plain

かつて山梨の白州にある「サントリー蒸留所」にて求めたもの。体を動かす自然環境と温泉もあると聞き、今また行きたいです。

 

f:id:tellacoli:20161031213855j:plain

あまちゃん」ブーム中、あれこれ販売されていたグッズの中、私はワンカップ3点を買いました。三陸鉄道の車両をデザインした箱に入っていて、ときめきました!

あまちゃんはまだ録画がHDDに全てあり、今も時々観ます…。

 

f:id:tellacoli:20161031213910j:plain

包装紙には、あまちゃんファンにはたまらないデザインが。

 

f:id:tellacoli:20161031213927j:plain

神戸の「一番館」。しつこいようですが前回のブログ記事と内容がかぶっています。こちらは、改訂版の記事です。

 

f:id:tellacoli:20161031213951j:plain

高島屋の古い包装紙は淡いピンクと薔薇がきれい。これは京都の「恵文社」で100円で売っていたもの。5年くらい前だろうか?まだ使い道を考えられず。

 

f:id:tellacoli:20161031214005j:plain

ローザー洋菓子店のクッキー缶の包装紙。クッキー缶はとても有名だけれど、こちらもきれい!

 

f:id:tellacoli:20161031214017j:plain

レモン糖さんにいただいた「ボンボン」のお菓子。包装紙がとてもきれい!なかなかいける場所ではないし、すごく嬉しかった。喫茶室、憧れております。

 

f:id:tellacoli:20161031214038j:plain

こちらも頂いたお菓子の包装紙。かっこいいな…。

 

f:id:tellacoli:20161031214049j:plain

地元・旭川市の自慢の銘菓!「旭豆」の包装紙。昔は素朴なあの味わいの価値がよくわからなかった…。今は大好き。子供ってほんとに、まだまだ分からないもの、味がいっぱいだ。

 

f:id:tellacoli:20161031214103j:plain

そしてこちらも、地元・旭川市の自慢の喫茶店「ロロ」の可愛い包装紙!ママさんによって作られたできたて・熱々のホットドッグがこれに包まれる。

かなり幸せでアドレナリンが上がるひとときです!ここのソースがおいしいんです。「ロロ」は買物公園店が閉店してしまったのは寂しいですが、豊岡店は変わらず。旭川に足を運べる方は限られてしまうと思いますが、素晴らしい喫茶店がたくさんあるので、もしここをご覧になり気になった方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ来てみてください。

これからうんと寒い季節だけれど、「冬の北海道こそ最高」だという意見も…。

 

f:id:tellacoli:20161031214113j:plain

アルピーノグッズのひとつ。包装紙は化粧箱と同じデザイン。

f:id:tellacoli:20161031214153j:plain

前回のブログで綴った手書きの文字はこちらです。

 

f:id:tellacoli:20161031214223j:plain

こちらは紙袋。すべて鈴木悦郎さんのデザイン。「絵展楽」、懐かしいです。ここから歩いて10分強くらいにある「浮かれ茶屋珈琲店」も素敵です。悦郎さんがデザインされた看板。絵も店内に。私はお世話になっていた先輩を巻き込んで、一緒に訪れたなあ。

 

f:id:tellacoli:20161031214236j:plain

マッターホーンの包装紙と紙袋。

 

f:id:tellacoli:20161031214305j:plain

こちらはこけし屋。鈴木信太郎さんのデザインの繋がりで、「神田志乃多寿司」もいつか…。なかなかきっかけを掴めないまま。

 

f:id:tellacoli:20161031214347j:plain

こちらは東郷青児さんデザイン、タカセのクッキー缶の包装紙。

 

f:id:tellacoli:20161031214505j:plain

東郷青児さんデザイン、自由が丘「モンブラン」、色合いが可愛いな。

 

f:id:tellacoli:20161031214516j:plain

イノダコーヒでは、確か「ふきん」を買った気がする。これ、もう15年以上前のものかもしれない。

 

f:id:tellacoli:20161031214528j:plain

谷中「リバティ」のビーバーの笑い顔に、いつも元気をもらう。よく行くので、紙袋もいつも数点手元にある状態。

 

f:id:tellacoli:20161031214537j:plain

千鳥屋チロリアン」の缶もいつか欲しいなあ。

 

f:id:tellacoli:20161031214551j:plain

富士屋ホテル「POCOT」憧れのパッケージだった。手に入れたときは感激した。左は近江屋洋菓子店のお菓子を頂いた際のもの。ここのクッキー缶を購入するのも憧れのひとつだ。

 

f:id:tellacoli:20161031214615j:plain

上・ふたたび豊島屋。ビニール袋。下・友人から頂いた浅草の問屋さんの貴重なパッケージ。

 

f:id:tellacoli:20161031214726j:plain

急に駅弁&手土産のお寿司の包装紙。北海道の「かきめし」、上野で北陸新幹線に乗る際に購入というメチャクチャなエピソード。

お寿司は、地元にて。マンガに出てくるみたいに紐で縛られているのを片手に持って帰りました。

 

…ということでこれが1冊目です!

 

前回ブログとかなり重複してしまいましたが、ポケットを増やして少しすっきり、ひとつひとつの包装紙を見やすくしました。

包装紙のシワシワ部分はもうちょっときれいに伸ばしたいな。とか、エリア別に順序付けしたいな、とか、こまかな「やりたいこと」はもうちょっとあります。

 

こうして俯瞰してみると、包装紙ってなんだか懐かしく、少し乙女らしさのある、ロマンチックなものが多い(私の好みの偏りだとは思うけれど…)

「素敵なものを包んでいる」「開ける際の楽しみを担っている」「そのブランドの顔」など、さまざまな役割を持つ包装紙の文化が、これからも豊かであると楽しいな、と思うのだった。

 

残り2冊、今度こそ追ってアップしたいと思っています!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

marble marble マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「marble marble マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはこちらまで→marble●tellacoli.com(●→@)
イラストサイト:http://tellacoli.com/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

広告を非表示にする