マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

2017年の喫茶納めは猿楽珈琲さんで。

仕事納めのこの日、合間を縫って弘明寺まで出かけた。

久々に、猿楽珈琲さんでコーヒーを飲もうと思って。“今年最後の”とか“年に一度の”などの、節目節目の大事な時期に行きたくなる喫茶店が、私にとっては猿楽珈琲さんだ。

久しぶりにマスターにご挨拶。マスターの佇まいや、お店にあるインテリアのあれこれが、代官山時代の思い出もあいまってすごく懐かしい。

当時と変わらず、席と席とがさりげなく別れていて、他人を気にせず過ごせる。

 

私は2階のすみっこの席が好きなので、そこで「苦めのコーヒー」と「自家製チーズケーキ(青林檎コンフィ)」を待つ。ストーブが赤く灯り、じんわりしっとり暖かい。

f:id:tellacoli:20171228135431j:plain

撮らせていただきました。…が、猿楽珈琲さんは、撮影禁止です。どのお店でもですが、撮る場合はお店の雰囲気を壊さぬよう、人に迷惑をかけないよう。何かしらの許可をきちんと得ましょう。

 

イラスト案件で少しアイディア出しをしたかったので、それに集中する。それから美味しいコーヒーを飲んでぼんやりする。まろやさでコクがあって、するする飲める。チーズケーキが美味しくて飛び上がりたくなる。そしてまたぼーっとして、でもやっぱりイラストラフもちょっとやって、あっ、年賀状書きの残りがあったと取り出して。

時々時計がボーンと鳴り、ハッとするのだけど、ひたすら自分の時間だった。モーレツに落ち着き、楽しかった。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今年もよく喫茶店に通ったが、私が喫茶通いをするようになった経緯はこうだ。

  1. 疲れたのでたまたま通りがかったお店でひとやすみ
  2. 木造のお店で、苦めの深いコーヒーを飲むと、とても落ち着く。好きだ。
  3. 昭和の香りのする、純喫茶のインテリア、メニュー、マッチ。好きだ。

 

昭和の雰囲気を一緒に求める友人、“喫茶アイテム好き”の友人もいるので、その気持ちを共有したい時は「3」へ向かう。可愛い、懐かしい、美味しいがいっぱい。

また、一人でも誰かとでも遠くに出かけた際に、「この街の純喫茶を知りたい!(昭和の博物館を覗き見したい!)」となり、ガツガツと喫茶のはしごをする。その場合も「3」になる。大好きなお店もいっぱいできた。憧れの全国の純喫茶も。

 

そして「2」は、「3」とはまた違う。少し特別で、ほんとに時間を忘れる感覚を引き起こされたり、腹の中がストンと落ちるような安堵を覚える。

「おこもり喫茶」だなあって思いました。たまらんです。私にとっては、この感覚が喫茶巡りの原点かなあって思いました。

 

それを今日、猿楽珈琲さんで久しぶりに思い返す事ができて、嬉しかったです。この感覚が好きで、私は代官山時代に足しげく通っていたなあと懐かしくなりました。

大げさに言うと、「よいひとときを分かっていた昔の自分」に再会できたような気分になりました。おお、自分、素敵な感覚を知ってるじゃん。身体が覚えているねえ〜っていう感じ。(冬は特にそういう感覚が研ぎすまされる気がします)

 

「なんか落ち着く」「なんか心地いい」は人それぞれですが、自分の感覚はいちばん自身が分かっていて、大切にすべきなので、これからの人生もそれを死守するべく、邁進していけたらなーって思いました。

 

saruojiさんいつもありがとうございます。

それと、喫茶巡りの際にこのページを利用してくださる方にも、今年もありがとうございました。「猿楽珈琲」、ぜひ行ってみてください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

marble marble マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「marble marble マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはこちらまで→marble●tellacoli.com(●→@)
イラストサイト:http://tellacoli.com/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::