てんとてん

喫茶好きのイラストレーターの日常ブログ。てんからてんへ、ぼんやりとした日々。

いい感じの服を購入/ルノアール個人店の喫茶グッズ

薄手の、夏にも使えるはおりものをゲットしました。

着ると裾はお尻くらいまで届き、縦長シルエット。

パンツスタイルはもちろん、ロングスカートにもノースリーブのワンピースにも合いそうで、使い回すのが今からワクワクです。

近日にはこのアイテムを加えた春のワードローブ一覧を掲載したいです。

 

私はインスタのアカウントをふたつ持っているんですが、喫茶巡りアカウント(写真がメイン)の方に、ルノアールグッズたちをアップしました。

そこにも書きましたがルノアールって、実は個人のオーナーさんが経営するお店も都内に6軒、存在していまして…。

数多あるチェーン店のルノアールとは、ちょっと違うんですよ。

オリジナルの制服や喫茶グッズや、お店には庭園(!)があったり、オリジナルのメニューもあったりして。

ルノアールはもともと和風喫茶だったんですが、その名残は個人店の方が強いかも。チェーン店でも飲食後に緑茶が出るのはそれが理由です。

 

青い扉が印象的な大塚店では、そんな経緯が書かれた紙がメニュー表に。これでしっかりと知ることができました。

そんな大塚店ルノアールには、釜飯があるんですよ!注文してから作ってくれる本格派で、おいしいんです!びっくりですよね…

 

駅前で混雑している吉祥寺店は、あんみつがあります。スタッフさんの制服もかわいいし、ミニ庭園あり、和風の照明や熊の木彫りのオブジェなど、オリジナリティにあふれるお店。

 

新小岩店には、なんとカツ丼も!

内装も食堂のようで、定食もあって、ルノアールって言われないとわからない感じ。

 

神田淡路町店では入り口に「ここのルノアールは他と違うんだよ。喫煙が目的で来る人も多いからご注意を」的な説明がちゃんと書いてあるんです。これは、恵比寿店も同じでした。「喫煙店」っていう張り紙があったかと思います。

今はチェーンのルノアールは禁煙?分煙?でしたよね。

(ずっと前はサラリーマンのおじさまたちが煙モクモクで憩いの時間を過ごしている姿こそ、ルノアールでしたよね。今は、wifiもあってノマドカフェっぽい雰囲気も。変わるもんですね〜。)

 

っていう感じで、一見どこも同じようなチェーン店かと思いきや、蓋を開けば歴史があって、いろーんな背景があるのがおもしろいところです。

私が特にそう思っている「コーヒーハウスぽえむ」もそうですが、チェーン店にだって歴史あり!

実はドトールも若い青年がアメリカに行って得たコーヒーショップのスタイルを日本に持ち帰り、たった1人で始めていますしね。

 

そんなマイナー情報をまとめたイラストルポ本も、作ってみたいなあ…。各チェーン店の背景。

「喫茶シュベールが突然始めたたい焼き屋」とかさ、「邪宗門」の物語。「今は錦糸町にしかないデリカップ 。なぜ…?」とか。

読みたい人、いるかな笑

これは今、制作中の本に入れているコラムのページなのですが。

こんなふうに、いろんな経緯を絵とストーリーで紹介するのも素敵だな〜と思う今日この頃なのです。

 

marble marble マーブルマーブル

東京在住のイラストレーターの日常の記録。
人見知りですが、せめてブログはマーブルチョコのようにカラフルになるよう「marble marble マーブルマーブル」としました。
◾️喫茶巡りが趣味。通った1000軒ほどの喫茶店を【純喫茶リスト】にエリア別にまとめてます。
◾️Instagramでは、【喫茶通いのイラストルポ】を更新中。ここにも載せています。
◾️40代半ばから似合う服について考えるようになり、【ワードローブ】の研究記事も。
◾️ご感想などこちらまで:marble●tellacoli.com(●→@)
◾️イラストサイトの閲覧・ご依頼、お気軽にどうぞ!【寺井さおりイラストレーション