マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

高尾山、そして相模湖・その1

登山ブログばかりなことを、もう自らつっこみません…

 

週末、友人と高尾山に出かけてきました。

高尾山、初めてです。ビギナー向けの山登りコースもあるとのことで、いつか登ってみたいな〜と思いつつも、早起きも予定を立てるのも面倒で、実現していませんでした。

 

ほんとに、美大に行ったあたりから、私はすっかりインドアの人になっていたのです。「運動不足を解消したい」さらに「ケーブルカーやビアマウントを経験してみたい」という思いも前からあったのだけど、後回し後回し…

そんな状態が、かれこれ15年!は続いていたかと思います。やっと実現しました。

 

行きの京王線では、きれいな富士山を拝みました。今回の旅、あれが最初で最後の富士山だった。雪化粧の山と、くっきり青空が印象的でした。やっぱり朝がいちばんよく見えるんだとか。

f:id:tellacoli:20171119092359j:plain

初高尾山は、どどんと紅葉真っ盛りの時期に!もりもりです!多幸感!

 

f:id:tellacoli:20171119091342j:plain

ある程度分かっていたことだけど、高尾山口駅に降りると人だかり。

登山者数がおそらく世界一の高尾山に、ハイシーズンに来たのだから覚悟の上です。急斜面をのぼることで知られるケーブルカー、乗りたかったけど30分待ちでした!

 

f:id:tellacoli:20171119093959j:plain

麓から歩いていくこともできたのだけど、せっかくだから乗り物は体験したい。20分待ちのリフトに乗ることに。安全ベルト等がないためけっこうスリルあり。楽しかった。

 

f:id:tellacoli:20171119100629j:plain

リフト降り場からの見晴らしも良い。東京方面が小さく見える。

 

f:id:tellacoli:20171119100633j:plain

f:id:tellacoli:20171119101001j:plain

有名なビアマウント!私は杉浦さやかさんの本で知ったのが最初でした。夏季のみ営業で、今はお休み。昭和の建物らしい外観が大好き。

東京ホリデイ―散歩で見つけたお気に入り (祥伝社黄金文庫)

東京ホリデイ―散歩で見つけたお気に入り (祥伝社黄金文庫)

 

かつて、東京の楽しいところは全部これで知ったかも。今でも大好きな一冊

 

f:id:tellacoli:20171119101017j:plain

ここからの展望もよい。軽くストレッチして、いよいよ初高尾山登山!

 

f:id:tellacoli:20171119101602j:plain

f:id:tellacoli:20171119103203j:plain

f:id:tellacoli:20171119103320j:plain

幾通りもコースがある高尾山で、吊り橋を体験したくて「4号路」を選びました。なだらかな道をずんずん歩く。

f:id:tellacoli:20171119222634j:plain

幸い人のほぼいないタイミング。逆光でも構わず、喜んでポーズを決める

 

前回の「大岳山」がハードだったせいか、2人とも足取りは軽快です。落ち葉ががさがさいうのを聞くのも、この時期ならではで心地よいです。吊り橋は、ゆっさゆっさとけっこう揺れました。

4号路は思ったよりも道幅が狭く、往路で行き交う人が多いから、足を滑らせないように注意しなければいけません。ビギナー向けの高尾山だけれど、昨年はここで事故も起きたそうで、やっぱり山は山。危険と隣り合わせだなと思いました。

 

f:id:tellacoli:20171119111345j:plain

途中、分岐で道を間違えながらも、あっという間に頂上にくることができた!息は軽く弾む程度でラクラク。少し体力ついてきたんじゃ…!?

頂上は激混み。蕎麦屋はすべて行列。そして富士山は、雲で見えませんでした。残念!

 

f:id:tellacoli:20171119112705j:plain

頂上はとても広い。混雑の中、居場所を探す。奥の方にも広場があり、もみじの木の下でお待ちかねのご飯を食べることに。

 

f:id:tellacoli:20171119112740j:plain

友人が持ってきてくれたガスバーナーと、かわいいアルミの急須。

 

f:id:tellacoli:20171119113649j:plain

お互いにカップ麺を持参していました。おいしい〜。あとはおにぎり、魚肉ソーセージ、たくあん、食後にチョコなど。

登山が好きになったひとつに、頂上で食べるご飯があまりにもおいしいというのもある。

 

f:id:tellacoli:20171119112057j:plain

さてこれからの私たちのプラン。下りは見晴らしのよさそうな「6号路」を予定。けれど工事のため道幅が狭く、一方通行。14時過ぎにならないと下山者は通れないとのことで、それまで時間が空いている。

何より、体力がまだまだ余っている。

ということで、それまでは「裏高尾」を体験してみることにしました。

f:id:tellacoli:20171119121652j:plain

f:id:tellacoli:20171119122951j:plain

f:id:tellacoli:20171119123531j:plain

f:id:tellacoli:20171119125234j:plain

ここからは、上り下りが混じったコースを歩く。若干ハード。ところどころに見晴らしのよいポイントもあり、何より紅葉もきれいで、それらを励みに登ることができました。

 

f:id:tellacoli:20171119125626j:plain

裏高尾は、階段だらけだったのがネックでした。階段、苦手です。自分の歩幅での行動ではなくなるため、自由がきかず、体力を消耗してしまいます(なんて、すっかり登山者の気分)。

だけど上の写真のように、階段の脇には坂道が用意され、ほぼこちらを登っていました。ボルダリングみたいな見た目の坂、これもちゃんと人の手で用意されているところが高尾山はすごい。たくさんの人の手によって、安全と楽しさが守られている山だと思いました。

さらに、休憩ポイントの椅子テーブルも多々あり、慣れていらっしゃる方々は、そこで鍋パーティーをされておりました。高尾山頂上は混んでいるけどここまでくると人気も少ないので、穴場かも。

f:id:tellacoli:20171119222548j:plain

景色に見飽きず、きょろきょろしながら登る私

 

f:id:tellacoli:20171119131211j:plain

「あとちょっと行ってみようか」を繰り返すうちに…

結局「小仏城山」という山の頂上までたどり着いてしまいました!

高尾山だけでは物足りなかったけど、ここまで登り、なんだかやっと達成感!

やっぱり体力がついてきたと確信。

 

f:id:tellacoli:20171119131153j:plain

f:id:tellacoli:20171119131338j:plain

天狗の置物が。天狗の伝説のある山、多いなー…。

 

f:id:tellacoli:20171119135004j:plain

富士山はわずかにうっす〜ら見える感じ。

 

f:id:tellacoli:20171119134941j:plain

茶屋や売店も充実の頂上。先日の御嶽山といい、東京都の山って、やはり人が多いからか休憩どころや椅子の数が充実!案内図もわかりやすく、設備もしっかり。

自然の中だけど、こんなところに都会を感じてしまう。

 

f:id:tellacoli:20171119132652j:plain

f:id:tellacoli:20171119133319j:plain

ここで再びガスバーナーに登場してもらい、今回も珈琲を飲みました!

---------------------------------------------

f:id:tellacoli:20171124211128j:plain

ここでちょっと大好きな「珈琲の話」

山で飲む珈琲、ほんとにおいしい。家での珈琲、街の喫茶店での珈琲、どれもそれぞれ魅力を語れば止まりませんが、山もまた珈琲が似合う場所。

キリマンジャロとかブルーマウンテンとか、山の名前のコーヒー豆は多いですが、そもそもコーヒー豆って、コーヒーベルト地帯の中でも、比較的高地での栽培に適しています。

だからなのか、珈琲と山は味覚の相性も良いような気がします。

---------------------------------------------

 

さて、あとは下山かな…6号路ももう開いている時間だし…と思っていた我々。が!!!ちょっとキケンなものを発見しました。

f:id:tellacoli:20171119135425j:plain

ここから相模湖までも歩いて行けちゃうことを知ってしまった看板です。2〜3時間で着いてしまう。

相模湖駅からも中央線で普通に東京に戻れる。電車本数も少なくない。ルートも安全そうでしっかりしている。

 

これは…!!

…ということで、思いつきでこのルートで山を降りることにしてしまいました!

 

計画とはイレギュラーの展開に、ワクワクしてしまっている我々。いやー、ほんとに元気元気。15年もインドアしまくっていた自分が、ちゃんとこんなに体が動かせるとは。

それが分かってとても嬉しいし、よかったなあという安心感がある。

 

長くなるので、次回に続きます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

marble marble マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「marble marble マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはこちらまで→marble●tellacoli.com(●→@)
イラストサイト:http://tellacoli.com/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

広告を非表示にする