marble marble

日常ブログです。純喫茶、イラストルポ、ワードローブの見直しなどが好き。文章では饒舌な、人見知り。

本・映画・音楽など

【冬の読書感想文】飯塚めり著「喫茶の効用」

気づけば書店にどんどん増える、喫茶店・純喫茶の本。雑誌。 最初は私もめずらしくっておもしろくって、なんでも手に取っていたのですが、もう、ここ数年は次から次へと出すぎていて飽和状態に。 とても細かく、ピンポイントでツボをつついてくるような本だ…

【冬の読書感想文】片岡 義男著「ミッキーは谷中で六時三十分」

あ、谷中が舞台だ!表紙が珈琲だ! と、それだけで食いつき図書館で借りた1冊です。 ミッキーは谷中で六時三十分 作者:片岡義男 講談社 Amazon どんな方のどんな作風かも、私は実は分かっていなかったのですが、「スローなブギにしてくれ」などで有名な作家…

おおみそか日記

今年もありがとうございました。 喫茶巡りの記事を中心に、さまざまな方に足を運んでいただき、嬉しかったですし励みになりました。 日々話題の変わるごちゃごちゃしたブログではありますが、また来年も足を運んでいただけたら嬉しいです。 【喫茶納め】 202…

【冬の読書感想文】森鴎外著「高瀬舟」「山椒大夫」

私の住む谷根千エリアには、文豪と呼ばれる方々のゆかりの場所が多いです。 夏目漱石の住居跡…「吾輩は猫である」「坊ちゃん」「草枕」などを執筆。 同じ場所に、のちに森鴎外が住む。 先日閉館した「水月ホテル鷗外荘」も、かつての森鴎外の住居で、ここで…

【冬の読書感想文】町田そのこ著「52ヘルツのクジラたち」

町田そのこ著「52ヘルツのクジラたち」。 2021年の本屋大賞受賞作品だそうです。 52ヘルツのクジラたち 作者:町田そのこ 中央公論新社 Amazon 「毒親」にあたる実母からネグレクトを受けてきた経験を持つ主人公の「貴瑚」。義父の介護をたった一人で全て押し…

【冬の読書感想文】獅子文六著「コーヒーと恋愛」

獅子文六さんの小説「コーヒーと恋愛」。もともとは「可否道」というタイトルでした。 文庫化のタイミングでタイトルが「コーヒーと恋愛」に。その後、表紙デザインがリニューアル。当時、サニーデイのアルバムジャケットと重なる表紙に、一気に心をつかまれ…

札幌の街とスピッツと、自分語りと、紅葉の中の散歩。

北海道に行く際はいつも実家のある旭川をベースにしますが、今回はまだコロナへの懸念があったため、実家への長期滞在は避けました。 ということでいつもよりも札幌での滞在期間があったのですが、朝から晩まで札幌を歩き、街の空気に触れられて良かったです…

長文の感想文いろいろ。ついてこれる人だけついてきて…

10月下旬〜11月、1年の中でもかなり好きな季節。 気候がよく、暑すぎず寒すぎずな外歩きが捗ってうれしい。秋の服装も大好きです。 今週のコーディネート。今しか着れないものを優先で着てました。食事でよそ行きワンピースの日も。 最近は自宅作業に集中で…

スピッツライブ前後の喫茶巡りでふわふわ状態に。

先日のブログで記した通り、スピッツのライブ上映会のために映画館へ久しぶりに行きました。 嬉しくてどきどきな状態でしたが、その前にちょっと喫茶店に。 新宿御苑前「ポニー」さん。 外観、看板、馬のマーク、棚、照明、店内の全体的な雰囲気などすべてが…

地震のこと/スピッツライブ上映会に行く

木曜夜に起きた地震、怖かったです… 揺れの間は何もできずにオロオロしてしまうなと改めて思いましたし、このままこの動きがもっと激しくなれば家屋も倒壊して身動きが取れないわ…終わった…とも、一瞬思いました。 写真は意味もなく、お花。字だらけなので緩…

秋の読書感想文その1・趣味実用「育ちがいい人だけが…」「絵はすぐに…」「東京のかわいい看板建築さんぽ」

ワードローブの記事が続いていましたが、いったん休憩し、最近読んだ本の感想ブログやメモを。 今回は、趣味実用タイプの本。一つでも自分の身になればなあと願いつつの、備忘録。 いつも持ち歩くA6版のメモ帳に要点を書き留めながら読むことが多いです。メ…

【ワードローブ】4年後に着たくなる服?

先日、光浦靖子さんのエッセイ「50歳になりまして」が、図書館で予約の順番が回ってきました。 50歳になりまして (文春e-book) 作者:光浦 靖子 文藝春秋 Amazon 光浦さんの繊細かつひねくれかつ知的でおもしろい文章に触れ、私も少し背中を押してもらうよう…

ポエマーのカード/夏の読書感想文10「ゴールデンカムイ」

喫茶チェーン店「ぽえむ」に着目しているということを少し前のブログでも書いたのですが、好きが高じてショップカードを勝手に作る…という行為に至ってしまいました。 ポエマー(ぽえむに通う人々のこと。私の周りにほんの少数存在しております)に配布し、…

痩せにくくなったけど、糖質オフ生活継続中。

すっかり引きこもり生活だけれど、その間せめてメイクを研究してみよう…と、「北欧暮らしの道具店」のアイカラーを購入してみました。「北欧暮らしの道具店」のメイク道具は、普段あまりメイクをしない人や、メイクそのものが慣れていない人にとっても手に取…

『猿楽珈琲』さんの豆を購入/夏の読書感想文9「木下綾乃さんの本3冊」

PCでご覧いただいている方にはわかるかと思いますが、ブログデザインを変更しました。見やすく楽しい日記を継続していきたいです。 ○「今日の喫茶店」 もう何回め?かの、猿楽珈琲さんの豆を通販で購入しました。 いつか足を運べたらなあと思いつつも、こん…

小伝馬町『華月』/夏の読書感想文8「河童が覗いたヨーロッパ」「好きよ、喫茶店」

○「今日の喫茶店」 小伝馬町の『華月』は、病院の帰りに寄りました。 6〜7月は検査のため病院にたくさん行っていたんですが、病院ってやっぱり緊張するので、その帰りに喫茶店に寄るときは「喫茶店ってホッとする場所だな〜」というのを改めてしみじみ感じて…

銀座『みゆき館』/五大絵師展/夏の読書感想文7「おおた慶文さんの画集」

○「今日の喫茶店」 銀座『みゆき館』、用事の帰りに立ち寄りました。アールの天井やさりげない仕切りなど、内装になんとなく見覚えが…? 飾られている絵に「SHINPEI MATSUKI」とあることで、それはほぼ確信に! ここは、松樹新平さんの内装デザインのお店だ……

大門『モト』/夏の読書感想文6「また旅。」「旅人類」

○「今日の喫茶店」 用事の帰りに、大門の『モト』さんへ初入店。蔦が生い茂る〜。今、ファサード が蔦のお店はどこもワサワサなのかな?「ラフレッサ」に横浜の「かをり」、未踏なところでは、夫に見せてもらった写真で知った、山梨の「六曜館」。 中もワサ…

浅草『ミモザ』/あちこちオードリー/夏の読書感想文5「好き・のち・しあわせ」

○「今日の喫茶店」 梅雨も明けたある日、夫に「明日どこか喫茶店でホットケーキが食べたいわ。いいお店ある?」と、こちらがモーレツにテンションが上がるような質問を受けました。 外苑前「香咲」、平井「ワンモア」、本所吾妻橋「デルコッファ」など、いろ…

新宿『凡』/花/梅干し/夏の読書感想文4「メタモルフォーゼの縁側」

○「今日の喫茶店」 新宿の「凡」さんに、何げに初来店。アイスコーヒーを注文したら小どんぶりで出てきてびっくりしました!ずずーっとすすって(これが正しいのかわからないまま…)いただきました。 ○「今日のお花」 最近お花を買ってくるのは夫が多かった…

大森『ルアン』/夏の読書感想文3「学研まんがでよくわかるシリーズ・コーヒーのひみつ」「沼田元氣さんの本2冊」

○「今日の喫茶店」 6〜7月はいままであたためていた「喫茶店にたくさん行きたい!!」という気持ちが爆発していたので、おそらく30軒くらいは新規開拓がありました。 でも中にはリピートした喫茶店もあり、その一つが大森「ルアン」です。 なんとなく注文し…

宮の坂『ドエル』/ウォーキング/オリンピック鑑賞の準備/夏の読書感想文2「天国酒場」「一週間であなたの肌は変わります」「ちいかわ」

○「今日の喫茶店」 写真は、ある日訪れた喫茶店ドエル(宮の坂)。やっと行けて嬉しかった。 ○ウオーキング。めざせ平均8000歩。 歩数のデータ。昨年から今までを平均すると約6300歩のようなんですが、ここのところは8000歩以上歩けるようになりました! こ…

夏の読書感想文1「たかぎなおこさんの本と、村上春樹さんの本」

昨年も取り組んだこの企画を、今年もトライしてみることにしました。 けれど最近はまったく小説を読んでおらず、感想文を書く本のラインナップはイラスト指南書とか、喫茶巡りの本、散歩の本など、ゆるゆるした内容になりそうです。 それもアリかなと思った…

ワクチンの接種。6〜7月のあれこれ。

上野の不忍池の蓮がそろそろ開花シーズン。 朝に花が開くというので、お休みの日に観に行きました。色も形もきれいです! そんな不忍池の奥にそびえる洋食屋、「上野精養軒」。 実はここが、私のコロナワクチンの接種会場となりました。 先日ついに1回目の接…

スピッツ熱。

この歳になって、スピッツにどハマりしています。 今までも常にライトなファンではあったんですが… 1年ごとに何日かはスピッツばかり聴く日があるし、PVも観るし、アルバムが出るたびチェックはしていました。 マサムネ氏のビジュアルが私や友人の中で神格化…

珈琲にまつわる本の紹介。

今月は仕事量も多かったため外出が少なく、喫茶店の新規開拓がなかなかできない月でした。 「喫茶店にガツガツ足を運ぶ」→「記事にする」→「ブログを見てくださる方も増える」…のサイクルがないので、ブログアクセス数もとっても穏やかな3月。笑 その代わり…

書籍『47都道府県の純喫茶』に登場する北海道の喫茶店『挽香』『ドール』のこと

ちょっと振り返りの活字だらけのブログです。 『47都道府県の純喫茶 愛すべき110軒の記録と記憶』を読んで。 今年の6月、改訂版が出ましたね。 改訂版では写真がオールカラーになり、あとがきには山之内さんのご親族のメッセージ、編集さんが振り返る、生前…

10月のいろいろ。欅坂46ラストライブと、小柳ストアーの食材たち。

先日は、オンラインで2日連続、欅坂46のラストライブを楽しみました。 パソコン前でサイリウムを灯してワクワク 自宅ならではで、お酒も飲みつつ 何をどうしたって秋元グループのアイドルを好きになるはずがない(むしろ苦手)と思っていた私が、2017年の紅…

夏の読書感想文(延長戦)『ツナグ』

“夏の読書感想文”って!笑 すっかり秋が始まってはいるのですが、読書感想文の延長戦、あと1冊記録を残しておこうと思います。 本を読むのは、個人的には登山に似ています。 本を選んだ時はワクワク → 読み始めに長期戦を予感してしんどい → やがて物語が一…

夏の読書感想文(延長戦)『東京奇譚集』

夏休みと呼ばれる期間はとっくの前に終わっていますが、「夏の読書感想文」をもうちょっと続けてみます。延長戦です。 感想文を書くの、楽しいんです。 村上春樹さん『東京奇譚集』を読みました。 東京奇譚集 (新潮文庫) 作者:春樹, 村上 発売日: 2007/11/28…