marble marble

日常ブログです。純喫茶、イラストルポ、ワードローブの見直しなどが好き。文章では饒舌な、人見知り。

本・映画・音楽など

スピッツライブ前後の喫茶巡りでふわふわ状態に。

先日のブログで記した通り、スピッツのライブ上映会のために映画館へ久しぶりに行きました。 嬉しくてどきどきな状態でしたが、その前にちょっと喫茶店に。 新宿御苑前「ポニー」さん。 外観、看板、馬のマーク、棚、照明、店内の全体的な雰囲気などすべてが…

地震のこと/スピッツライブ上映会に行く

木曜夜に起きた地震、怖かったです… 揺れの間は何もできずにオロオロしてしまうなと改めて思いましたし、このままこの動きがもっと激しくなれば家屋も倒壊して身動きが取れないわ…終わった…とも、一瞬思いました。 写真は意味もなく、お花。字だらけなので緩…

秋の読書感想文その1・趣味実用タイプの本

ワードローブの記事が続いていましたが、いったん休憩し、最近読んだ本の感想ブログやメモを。 今回は、趣味実用タイプの本。一つでも自分の身になればなあと願いつつの、備忘録。 いつも持ち歩くA6版のメモ帳に要点を書き留めながら読むことが多いです。メ…

【ワードローブ】4年後に着たくなる服?

先日、光浦靖子さんのエッセイ「50歳になりまして」が、図書館で予約の順番が回ってきました。 50歳になりまして (文春e-book) 作者:光浦 靖子 文藝春秋 Amazon 光浦さんの繊細かつひねくれかつ知的でおもしろい文章に触れ、私も少し背中を押してもらうよう…

ポエマーのカード/夏の読書感想文10「ゴールデンカムイ」

喫茶チェーン店「ぽえむ」に着目しているということを少し前のブログでも書いたのですが、好きが高じてショップカードを勝手に作る…という行為に至ってしまいました。 ポエマー(ぽえむに通う人々のこと。私の周りにほんの少数存在しております)に配布し、…

痩せにくくなったけど、糖質オフ生活継続中。

すっかり引きこもり生活だけれど、その間せめてメイクを研究してみよう…と、「北欧暮らしの道具店」のアイカラーを購入してみました。「北欧暮らしの道具店」のメイク道具は、普段あまりメイクをしない人や、メイクそのものが慣れていない人にとっても手に取…

『猿楽珈琲』さんの豆を購入/夏の読書感想文9「影響を受けているイラストレーターさん」

PCでご覧いただいている方にはわかるかと思いますが、ブログデザインを変更しました。見やすく楽しい日記を継続していきたいです。 ○「今日の喫茶店」 もう何回め?かの、猿楽珈琲さんの豆を通販で購入しました。 いつか足を運べたらなあと思いつつも、こん…

小伝馬町『華月』/夏の読書感想文8「おじさま達の軽やかな街ブラ本」

○「今日の喫茶店」 小伝馬町の『華月』は、病院の帰りに寄りました。 6〜7月は検査のため病院にたくさん行っていたんですが、病院ってやっぱり緊張するので、その帰りに喫茶店に寄るときは「喫茶店ってホッとする場所だな〜」というのを改めてしみじみ感じて…

銀座『みゆき館』/五大絵師展/夏の読書感想文7「変わらず好きなメルヘンの世界」

○「今日の喫茶店」 銀座『みゆき館』、用事の帰りに立ち寄りました。アールの天井やさりげない仕切りなど、内装になんとなく見覚えが…? 飾られている絵に「SHINPEI MATSUKI」とあることで、それはほぼ確信に! ここは、松樹新平さんの内装デザインのお店だ……

大門『モト』/夏の読書感想文6「おじさま達の軽やかな街ブラ本」

○「今日の喫茶店」 用事の帰りに、大門の『モト』さんへ初入店。蔦が生い茂る〜。今、ファサード が蔦のお店はどこもワサワサなのかな?「ラフレッサ」に横浜の「かをり」、未踏なところでは、夫に見せてもらった写真で知った、山梨の「六曜館」。 中もワサ…

浅草『ミモザ』/あちこちオードリー/夏の読書感想文5「好きなものでセラピーを」

○「今日の喫茶店」 梅雨も明けたある日、夫に「明日どこか喫茶店でホットケーキが食べたいわ。いいお店ある?」と、こちらがモーレツにテンションが上がるような質問を受けました。 外苑前「香咲」、平井「ワンモア」、本所吾妻橋「デルコッファ」など、いろ…

新宿『凡』/花/梅干し/夏の読書感想文4「推し活動の日常に触れる」

○「今日の喫茶店」 新宿の「凡」さんに、何げに初来店。アイスコーヒーを注文したら小どんぶりで出てきてびっくりしました!ずずーっとすすって(これが正しいのかわからないまま…)いただきました。 ○「今日のお花」 最近お花を買ってくるのは夫が多かった…

大森『ルアン』/夏の読書感想文3「コーヒーと喫茶店の歴史を知る」

○「今日の喫茶店」 6〜7月はいままであたためていた「喫茶店にたくさん行きたい!!」という気持ちが爆発していたので、おそらく30軒くらいは新規開拓がありました。 でも中にはリピートした喫茶店もあり、その一つが大森「ルアン」です。 なんとなく注文し…

宮の坂『ドエル』/ウォーキング/オリンピック鑑賞の準備/夏の読書感想文2「酒、美肌、癒し」

○「今日の喫茶店」 写真は、ある日訪れた喫茶店ドエル(宮の坂)。やっと行けて嬉しかった。 ○ウオーキング。めざせ平均8000歩。 歩数のデータ。昨年から今までを平均すると約6300歩のようなんですが、ここのところは8000歩以上歩けるようになりました! こ…

夏の読書感想文1「たかぎなおこさんの本と、村上春樹さんの本」

昨年も取り組んだこの企画を、今年もトライしてみることにしました。 けれど最近はまったく小説を読んでおらず、感想文を書く本のラインナップはイラスト指南書とか、喫茶巡りの本、散歩の本など、ゆるゆるした内容になりそうです。 それもアリかなと思った…

ワクチンの接種。6〜7月のあれこれ。

上野の不忍池の蓮がそろそろ開花シーズン。 朝に花が開くというので、お休みの日に観に行きました。色も形もきれいです! そんな不忍池の奥にそびえる洋食屋、「上野精養軒」。 実はここが、私のコロナワクチンの接種会場となりました。 先日ついに1回目の接…

スピッツ熱。

この歳になって、スピッツにどハマりしています。 今までも常にライトなファンではあったんですが… 1年ごとに何日かはスピッツばかり聴く日があるし、PVも観るし、アルバムが出るたびチェックはしていました。 マサムネ氏のビジュアルが私や友人の中で神格化…

珈琲にまつわる本の紹介。

今月は仕事量も多かったため外出が少なく、喫茶店の新規開拓がなかなかできない月でした。 「喫茶店にガツガツ足を運ぶ」→「記事にする」→「ブログを見てくださる方も増える」…のサイクルがないので、ブログアクセス数もとっても穏やかな3月。笑 その代わり…

書籍『47都道府県の純喫茶』に登場する北海道の喫茶店『挽香』『ドール』のこと

ちょっと振り返りの活字だらけのブログです。 『47都道府県の純喫茶 愛すべき110軒の記録と記憶』を読んで。 今年の6月、改訂版が出ましたね。 改訂版では写真がオールカラーになり、あとがきには山之内さんのご親族のメッセージ、編集さんが振り返る、生前…

10月のいろいろ。欅坂46ラストライブと、小柳ストアーの食材たち。

先日は、オンラインで2日連続、欅坂46のラストライブを楽しみました。 パソコン前でサイリウムを灯してワクワク 自宅ならではで、お酒も飲みつつ 何をどうしたって秋元グループのアイドルを好きになるはずがない(むしろ苦手)と思っていた私が、2017年の紅…

夏の読書感想文(延長戦)『ツナグ』

“夏の読書感想文”って!笑 すっかり秋が始まってはいるのですが、読書感想文の延長戦、あと1冊記録を残しておこうと思います。 本を読むのは、個人的には登山に似ています。 本を選んだ時はワクワク → 読み始めに長期戦を予感してしんどい → やがて物語が一…

夏の読書感想文(延長戦)『東京奇譚集』

夏休みと呼ばれる期間はとっくの前に終わっていますが、「夏の読書感想文」をもうちょっと続けてみます。延長戦です。 感想文を書くの、楽しいんです。 村上春樹さん『東京奇譚集』を読みました。 東京奇譚集 (新潮文庫) 作者:春樹, 村上 発売日: 2007/11/28…

夏が終わる。

かつて撮った花火大会のピンボケ写真。 2012年の隅田川花火大会のものです。 8月が終わろうとしていますね。 残暑はまだまだ続くと思いますが、今年は心身ともにこたえる夏でした。 ほんとに、今年の夏のような気持ちには二度となりたくないなー。 取り返し…

夏の読書感想文『終末のフール』

伊坂幸太郎さんの本を、初挑戦しました。 終末のフール (集英社文庫) 作者:伊坂幸太郎 発売日: 2013/04/11 メディア: Kindle版 『終末のフール』。 8年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そんな予告があってから5年が過ぎた頃の世界を描いています。絶望…

夏の読書感想文『リバース』

湊かなえさんの本を、初挑戦しました。 リバース (講談社文庫) 作者:湊 かなえ 発売日: 2017/03/15 メディア: 文庫 実写化も多い湊さんのミステリー作品。 なにか読んでみたいわと思い、表紙の珈琲が気になってこの本を選びました。 主人公の深瀬は平凡なサ…

夏の読書感想文『流星ワゴン』

重松清さんの「流星ワゴン」を読みました。 流星ワゴン (講談社文庫) 作者:重松清 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle版 重松清さんの小説は、前に様々な作家が書いた短編集の本を読んだきりでした。 その時の感想を率直にいうと、「なんだか読んでて嫌だ…

夏の読書感想文『赤毛のアン』

いきなりの「赤毛のアン」! 赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ1―(新潮文庫) 作者:モンゴメリ 発売日: 2013/07/12 メディア: Kindle版 赤毛のアン、私読んだことがなかったんです。アニメも、観たような観ていないような。 昨年、図書館で借りて読んでみま…

夏の読書感想文『そしてバトンは渡された』

『そしてバトンは渡された』。 瀬尾まいこさんの本をいくつか読んでいますが、こちらは2019年本屋大賞受賞作とのことです。 表紙のインパクトがすごいですよね。真ん中の棒は、タイトル通り「バトン」です。 そして、バトンは渡された (文春e-book) 作者:瀬…

夏の読書感想文『あまからカルテット』

長くて重たい読書感想文が続いちゃったような気がするので、今回は軽めに書きます! あまからカルテット 作者:柚木麻子 発売日: 2013/12/13 メディア: Kindle版 カルテット、というように、4人組の女性たちのオムニバス式ドラマです。 私は、のっけから寂し…

人気料理レシピ本のメニューをたくさん作ってます

たくさん付箋をつけたこの本。 本屋さんで、よく平積みされている人気の料理レシピ本です。1ヶ月ほど前に買いました。 Twitterでも著者さんの140字レシピツイートはよくバズっていて、私のTLにも時々流れてきます。 たくさん作りましたが今のところハズレが…