マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

タイムトリップ代官山

中目黒のkateさんで髪を切ってもらった。
もう、かれこれ5年くらいは通わせていただいていますが、内装かわいい、出てくるブルーベリーのアイスティーはおいしい、器も素敵、石けんシャンプーは髪にやさしい、最後のシャンプーの後はマッサージもついてくる。
貴重品は、「mina perhonen」の手提げに入れてくださるんですよ! 嬉しくなります。
私は一時期店長さんが所有する「水曜どうでしょう」のDVDも借りて帰ってました。私のとびきり多い髪に対するアドバイスも含め、ほんとにお世話になっています。今は、ウエディングに向けたアドバイスも。



中目黒でヘアカットをして、代官山に移動するのだけど、この日は猿楽珈琲さんがお休みの日だったので、「BOMBAY BAZAR」に行きました。

私は、雑誌「Olive」のカフェブーム/ベトナムブームの時期に19歳くらいで、浮かれるようにそんなものたちに引き寄せられてふらふらと行ってしまったので(どこへ?)、当時のOlive記事はよく覚えていて、代官山といえば「OKURA」&「BOMBAY BAZAR」で、「Saint James」で、「Herve Chapelier」でした。あ、そして、「mother lip」も!
20歳の修学旅行のときに友人三人と代官山に訪れ、そんな憧れの地をふらふら歩き、お洒落にみえるような写真をいろいろ撮ったりして(モデル:自分達)、「Herve Chapelier」のリュックも買って、…と書いててとっても恥ずかしいですが、で、そんな流れで「BOMBAY BAZAR」のOKURAおやき(ブルーベリー味)も食べたのでした。
(今回は、お持ち帰り…)

端切れをつぎはぎにしたようなかわいいクロスを敷き詰めた階段を降り、そこに現れたベトナムの給食室のような(ごめんなさい、あくまで私の個人的な感覚です)内装、それからカラフルな食器、そして無骨な印象のオブジェなどに心奪われました。
ところどころ当時とは変わってしまったけれど、それでも今もなおずっと同じスタイルでお店が継続されていることに私はむしょうに嬉しく感じ、ときどき立ち寄っては、素朴で変わらないブルーベリーおやきを頬張りつつ、ひたすら当時を懐かしく思ったりするのでした。
それから当時、カフェブームにてどの喫茶店に行ってもカメラを下げた女子がわいわいしている傾向があり、「鎌倉ディモンシュ」など、いつ行っても行列だったりしたけれど、「私はそういうんじゃない!」と思っていた。思い込んでいた。でも、今考えるとやっぱりミーハーだった気がする。とにかくいっぱい行きました。当時の地元・札幌を行き尽くし、それから京都、神戸、鎌倉、金沢、群馬、松本。ほとんど一人旅で。熱かったなー。
前にも書いたけれど、マッチもたくさん持ってたのに、数年後に捨ててしまったのよ。ばかじゃないだろうか。自分に罵倒を浴びせちゃうよ。

広告を非表示にする