マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付けなどが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

大阪の喫茶巡り『潤』『伊吹』

念願の大阪の喫茶巡りへ。訪問店は時系列で掲載します。新幹線にて新大阪より御堂筋線で、一駅目にて伺った「潤」。

『潤』(西中島南方

f:id:tellacoli:20140523104207j:plain

f:id:tellacoli:20140523104224j:plain

f:id:tellacoli:20140523102616j:plain

f:id:tellacoli:20140523103612j:plain

f:id:tellacoli:20140523103600j:plain

f:id:tellacoli:20140523102549j:plain

f:id:tellacoli:20140523102433j:plain

f:id:tellacoli:20140523103013j:plain

特に店頭の看板やガラスドアの「潤」の文字が大好きです。

お店の奥様は、素敵だなんてとんでもないと、謙遜ではなくほんとうに首を横にふっているように感じました。そんなそんな、素敵ですと言い返し、恥ずかしいわ〜という返しを聞いているうちに、なんだか心が和んでしまって。

ゆったりした関西弁はお話しやすく、ああ、大阪の純喫茶にきたんだなあ、とじんわり噛み締めていました。

 

それから阪堺線に乗るため、今池駅に移動する。

ああ、やはりここは話には聞いていたけれど、独特の雰囲気が漂っている。緊張感があり、心臓がきゅっとなるような感覚があった。喫茶店もいくつか見かけたけれど、躊躇してなかなか入れません。アーケードの商店街も普段はガンガン入るのですが薄暗さもあって怖く、引き返すことにしました。

大きな通りに面した『伊吹』、ここだけ入店することにしました。

f:id:tellacoli:20140523114329j:plain

f:id:tellacoli:20140523113429j:plain

f:id:tellacoli:20140523113438j:plain

f:id:tellacoli:20140523113526j:plain

f:id:tellacoli:20140523113444j:plain

f:id:tellacoli:20140523114048j:plain

細長い店内は、人ひとりぶんくらいの通り道しかなく、駅に隣接した喫茶のような造りでした。

さきほどまでどきどきしていたので、このセピアな内装、窓からの光、そして静かな店内にホッとしました。

飴色に変色した木の壁やライトの感じ、ディスプレイ、無骨な「COFFEE SHOP」の看板、シンプルなテーブルと椅子など、いろいろと好みでした。

(続きます)