読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

久々の山登り

金曜日に突然、「山に登ろう」ということになった。前から常々夫婦で考えていたことだけど、いつも先延ばし。計画的に予定を立てるのが下手なのです。ずっと運動不足なこともあり、かなり思い切って今回は決断。

早寝早起きをし(5時前に起き!)、いざ出発。

f:id:tellacoli:20161105092830j:plain

f:id:tellacoli:20161105102710j:plain

私たちが行ったのは、千葉の鋸山というところです。木更津よりももっと奥。

昨年あたりに流行っていた「日本でも楽しめる世界の絶景」などの本でもよく紹介されていました。今回は主人の提案。ロープウェイを使わなくとも、わりと簡単に登れる山ということがわかったからです。

 

山へ入る際、この近所に住むおばあちゃんと一緒になった。聞けば、この先のトイレの清掃を担当しているそうで、300段ある階段を上って向かうんだとか!とてもお元気。しかも、もう80歳だとおっしゃる。もう杖を使わないと無理なのと言いつつ、85歳までは頑張りたいと仰っていました。すごいなあ…。

f:id:tellacoli:20161105093503j:plain

鋸山は、昔は石の採掘場だったそうです。

不思議な形で切り取られた巨大な石などが残されている。洞窟も。迫力があった。すごく、大きい。ちょっと怖い。

f:id:tellacoli:20161105094038j:plain

そしてこの山は、「簡単」とはいえど、けっこうハードであることも分かってきた!登り道が、すごく急。「かろうじて道」みたいなところも多く、右端は急斜面。よろめくと、転げ落ちそうで危ない。命の危険。ほんとうに。自己責任。

途中で見える景色で少しでも気を休ませながら、普段運動不足でなまりまくった体にカツを入れ(ほとんど泣きそうになりながら)、やっとのおもいで登りきる。

f:id:tellacoli:20161105095346j:plain

f:id:tellacoli:20161105095808j:plain

晴れて、「地球が丸く見える展望台」までたどり着きました!

快晴で寒くもなく、とても気持ちがいい。遠くにうっすら富士山も見える。建物が小さく見えて、改めて「これ、気軽に登山する高さじゃないよ…」と白目になりそうでした。私は登頂後に珈琲が飲みたくて、自宅から淹れて持ってきていた。いそいそと飲みましたとも。疲れが一瞬吹き飛ぶ。すごくおいしかった。

f:id:tellacoli:20161105100626j:plain

携帯のパノラマモードで。清々しい!湿度がないため、ハワイのダイアモンドヘッドに登った時を思い出した。

 

やれやれと下山。けれど。

いったん途中まで下山し、別のコースに向かう。さらにもうひとつの山を登ることに!!!

f:id:tellacoli:20161105103423j:plain

目指すはあの出っ張ったスポット。まだまだ遠くて高い…

 

事前に分かっていたことだけど、こんなに疲労するとは思っていなかったから気が重くなる。限界がもうすぐそこに。けれど、登った。辛かった。

こちらはゴール付近では、ロープウェイで登ってきた方々がたくさんいらした。なだらかな坂道を少しだけ歩くのだけど、「けっこう辛いネ」と言って歩いていらっしゃる。

私は心の中で「皆さん、これくらいの距離で何を言っているのかね」偉そうにする。こういう時って、私だって普段超運動不足の分際なのに、ひとつ経験値を高めた気分になるのだった。こまったものです。

f:id:tellacoli:20161105112043j:plain

そしてついに到着しました!鋸山で、いちばんのメインのスポット、「地獄のぞき」へ。手すりぎりぎりまで立って下をのぞき込めるんだけど、ひたすら怖かった。

f:id:tellacoli:20161105111344j:plain

先頭にいるのが夫。写真を撮るため夫婦別々にのぞくことに

f:id:tellacoli:20161105111811j:plain

私ものぞきこんだら、ありえないくらいに直角の崖!!背筋が凍った。でも、見通しはよい。気候に助けられたこともあり、気持ちよかった。

f:id:tellacoli:20161105114152j:plain

f:id:tellacoli:20161105120818j:plain

あとは下山。行きで使った道よりなだらかなコースを利用(最初からこちらにしたらよかった)。緑の濃さと光のコントラストなども楽しめる余裕が。

f:id:tellacoli:20161105110120j:plain

f:id:tellacoli:20161105102725j:plain

苔の石壁きれい

 

月並みだけれど、やっぱり自然に触れるのはいいな。

f:id:tellacoli:20161105122543j:plain

f:id:tellacoli:20161105123415j:plain

山から出てきてかなりホッとしたところ。お昼ご飯を食べに、目的のお店まで線路沿いを歩く。

ローカルな場所のため、電車は一時間に一本。バスもない。自家用車のない我々は、ひたすら歩くしかないのでした。

同じルートを歩く年配のご夫婦とおしゃべりしながら歩く。こんなコミュニケーションが、今回あちらこちらであった。山登りが共通の趣味であるご夫婦って、皆さんとても穏やかで仲よさそうに見える。なんかさっぱりとしているし。

いや、実際はいろいろあるのかもしれないけれど、基本、人の良い方々ばっかりだ。

すごく憧れる。登山は、同じ目的に向かって、力を合わせて淡々と頑張れるところがいいのかな。体も健康、景色で癒され。一緒に温泉にも行くのかもしれない。

そう思うと、私たちも今後の趣味としても積極的に取り入れていきたいなと思った。

f:id:tellacoli:20161105123117j:plain

ひなたぼっこする猫たち。

f:id:tellacoli:20161105125005j:plain

f:id:tellacoli:20161105125017j:plain

唯一見つけた「喫茶」の看板。

f:id:tellacoli:20161105142006j:plain

ちなみにこちらは、山も海もきれいな街。

お昼ご飯を食べに向かう沿道は、ずーっと海。食後にちょっと海岸でたそがれた。金曜ロードショーのような景色。

体を動かして、食べて景色で満たされるとは、心身ともになんたるリア充。いつも体がおいてきぼりな状態であることを自覚する。

 

翌日以降のキョーレツな筋肉痛で、さらにそれは実感度を増すのでした。

 

 

鋸山、ロープウェイを使えばスムーズにたどり着けます。小さなお子さん連れも多く、どなたにもオススメ!

ここには記さなかったけど、たくさんの大仏もあります。海からはフェリーもあって遊覧も。地産の刺身もおいしかった。是非。

鋸山 日本寺 公式サイト | 境内案内

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

marble marble マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「marble marble マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはこちらまで→marble●tellacoli.com(●→@)
イラストサイト:http://tellacoli.com/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

広告を非表示にする