マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

「地元の喫茶店シリーズ4」…母と私の「光」

f:id:tellacoli:20170811144121j:plain

 

私の地元(北海道)をテーマに制作しているイラストルポ。「地元の喫茶店シリーズ」。第4弾として、小樽にある「純喫茶 光」のことを描きました。

 

これまでの「地元の喫茶店シリーズ」

tellacoli.hatenablog.com

tellacoli.hatenablog.com

tellacoli.hatenablog.com

「光」は小樽の駅と運河の中間にあり、昔からあるアーケード街の中にあります。そのレンガの美しい外観はもちろんだけど、緊張感がありながらもくつろげる店内が大好き。港町の小樽らしい、海や船にまつわるモチーフはどれも特別な存在感を放っていて、「特別な場所に来た」という思いが強まり、嬉しくなります。

店内は撮影禁止のため、内装はなんとなくスケッチしたものを元に書き起こしました。でも忘れてる部分もいっぱいあります。また行きたいなあ。

 

以下、イラストルポ内にまとめたテキストです。

 

text:

私は小樽に2歳まで住んでいたそうで、母は買い物帰りに「光」に
私を連れて立ち寄っていたらしい。70’sに20代だった母のファッションは、
シックなお店に足を運ぶ女性としてはかなり派手で、聞いていておもしろい。
今より広かった内装、扉は二つあったことなどを聞き、当時私もそこにいたのかと
思うと感慨深い。純喫茶ファンとなった今の私は、新鮮な気持ちで
重厚なレンガの外観、船のモチーフがいっぱいの薄暗い内装に感動する。
店内にはノートがあり、「懐かしくて立ち寄った」などいろいろと書いてあり、
それぞれの方に「光」との歴史があることが分かり、読み込んでしまう。
そして私も、私ならではの「母と来たいつかの光」に、ゆっくりと思いを馳せる。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

marble marble マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「marble marble マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはこちらまで→marble●tellacoli.com(●→@)
イラストサイト:http://tellacoli.com/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::