marble marble

日常ブログです。純喫茶、イラストルポ、ワードローブの見直しなどが好き。文章では饒舌な、人見知り。

喫茶店のマッチの整理その5

マッチをカテゴリ別にあれこれ仕分けながら楽しんでいる日記…

前回までは【家系】【和風喫茶・甘味処】【和風の居酒屋・飲食店】【お花】【動物】【漢字一文字】【カタカナ】【アルファベット】【男女セット】【お姉さん】【おじさま】【クラシック】【画家】【キャラクター】マッチを紹介しましたが、まだまだ続きます〜

※店名を敢えて大々的に記さないので、収集のための情報には不向きであることをご理解ください。

※すべて東京のお店のマッチです。東京以外のエリアのマッチも後日アップします〜

 

【新旧デザイン】マッチ

途中でデザインの変わったマッチたち。ボンナは同日に2つともいただきました。入店時、レジ横のカゴに黄色いマッチが見えたので、(それを)いただけますか?とお願いしたはずが、なんだかすごく探してくださり…。旧マッチを差し出していただいた時はとても驚き、素晴らしいデザインに感激しました!

ただ、当時のブログにもそのことをアップしていたんですが、もしかするとそれを見て同じマッチが欲しくなった方が、少なくなかったかも…。マッチが目的で入店した方が増えたなら、その質問をたくさんされたかも。迷惑をかけてしまったかも。

あのときはご好意で探してくださいましたが、大量にあったものではなかったはず。

ボンナさんは既に閉業していますが、そんな苦い思い出も残ってしまいました。

ギャラン・邪宗門以外は閉業してしまったし、邪宗門も、もうマッチやナプキンはほぼお店にないと思います。

西荻窪のダンテは人気店だったため、ブックマッチがあることは初訪問の前から知っていました。けれど、いつものようにマッチはありますかと尋ねたところ、右のとっても長いマッチが出てきまして、びっくり仰天しました!

最近家の奥から出てきたと、暖炉のストーブ用(だったかな?)で、長いんですよ〜と教えてくださいました。これについては当時、その情報を広めて良いですよ〜とマスターにもおっしゃっていただきました(ボンナの時の反省です)。

ダンテは、私はとても好きなタイプの喫茶店でした。段差や木造の感じ、レンガ、カウンター、コーヒーの味、などなど。

閉業のお知らせがあった少し前に友人と西荻窪に行った時、友人が銭湯に行っている間私は喫茶店で過ごそうと思い、ダンテで過ごしたのが最後になりました。

「名店」と言われているお店にも、なんとなく自分と縁のあるお店とそうじゃないお店があるように感じていて、そんなタイミングでお店で過ごせたことから、ダンテさんとはちょっと縁があったんじゃないかなあと勝手に感じていたりします。

私は閉業を知ってから足を運ぶのが苦手なんです。閉業を知った後に行列ができたり惜しむ人が急に増えるのがすごく苦手なんです。普段から行っていればいい話であって、それは私自身にも言えることなので、「あまり縁がないままだったな。もう常連さんだけでのんびり過ごしてください」と思うと納得できるんです。

っていうか、常連さんにいつもの時間をしみじみと過ごして欲しいんです。ほんとに。

「ヘッケルン」「猿楽珈琲」、あと北海道の「レーベン」「光」「ちろる」「館ブランシェ」「ルビアン」は、何があっても、行列をしてでも行きたい。なんか、自分は行ってもいい人ですよね?みたいな気持ちがあって。笑

その逆もあります。近くを通ったのに入らなかったら、その数ヶ月後に閉業しちゃった、とことん縁がなかったなあ、みたいな。

なんていう、他人から見たらめんどくさいこだわりをいきなり綴ってみました。こうやって歳を重ねると頑固になっていくんだな…苦笑

系列店だけど店舗によって全然違うマッチだったりして、おもしろいです。

 

【手作り】マッチ

スタンプや手書きなど…。有名な純喫茶「丘」さんは、もうずっとマッチはないはずです。これは、ほんとに一時的に作っていたんだと思います。そのタイミングで行ったから、たまたまいただけたんだと思います。もう10年以上前の話です。

 

【同じ名前】マッチ

まったく関係のない同名の喫茶店。伽羅もらんぷも偶然にも雰囲気が似ています!「さぼうる」は1と2でデザインが違うという凝り方でした(今は配布していないと思う)。あとは同じデザインのフォーマットが使われたマッチなど。

 

【馬車】マッチ

馬車もなにげに4つありました(ひとつは幌馬車ですが)。喫茶店にしても洋食屋さんにしても、ハイカラな上に高級をうたっているお店が多かったから、そんな象徴のようなものだったのかな。大阪でも「馬やど」という喫茶店(閉業)で同じようなマッチをいただいたことがありました。

 

【山】マッチ

山の名前に関するマッチ。意外と少なくて3つでした。私は山にときどき登りますが、山小屋や食堂にマッチがあることもあるみたい。もうあまり積極的にマッチの有無を聞かないので、あれこれ逃しているかもなあって思っています。

山のレトロな食堂は建物もメニューも、お土産グッズなども懐かしさのあるものも多く、楽しいです!

 

【国・街・家】マッチ

マッチをジャンル分けしていくときに、「ああ、こういったジャンル分けもできたか!」という発見がときどきありました。
男性のマッチばかりを集めたら「ダンディーなおじさま」ばかりだったし、さきほどあげた「山」「馬車」なども。

この「国・街・家」もそんな感じです。様々な規模で描かれた人々の住まい。南アメリカが描かれた「ブラジル」も入れちゃったため、随分とスケールの大きな話にはなってしまいましたが。

それにしても8軒中5軒閉業。私がマッチ集めを始めた約12年前から、ほんとうにずいぶんとお店が減ってしまったな。

現役店でも禁煙になった際にマッチは処分してしまったり、もう切らしてしまったお店なども多いみたい。

 

二度と手に入らないもの。大事します。

 

あと1回、続きます〜。

 

marble marble マーブルマーブル

東京在住のイラストレーターの日常の記録。
人見知りですが、せめてブログはマーブルチョコのようにカラフルになるよう「marble marble マーブルマーブル」としました。
◾️喫茶巡りが趣味。通った1000軒ほどの喫茶店を【純喫茶リスト】にエリア別にまとめてます。
◾️Instagramでは、【喫茶通いのイラストルポ】を更新中。ここにも載せています。
◾️40代半ばから似合う服について考えるようになり、【ワードローブ】の研究記事も。
◾️ご感想などこちらまで:marble●tellacoli.com(●→@)
◾️イラストサイトの閲覧・ご依頼、お気軽にどうぞ!【寺井さおりイラストレーション