読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはコチラまで→marble●tellacoli.com(●→@)

「南風」のナポリタン

こんなに暑くなってから、どうも「喫茶がつがつ期」に突入してしまった。私の喫茶行脚には「がつがつ期」と「ふんわり期」がある。

「ふんわり期」は喫茶通いを強く求めずに、自然体で楽しむ時期。

「がつがつ期」は、“私の知らない喫茶店はこんなにもたくさんある。どんどん閉店していき、知らぬ間になくなってしまった素晴らしいお店も多々ある。何をやっているんだろう。もっと足を運んで、この目で見たい!!”とモーレツに思い、いてもたってもいられなくなる時期です。

がつがつする事で良い事って、実はそんなにない。本来の喫茶店でのゆったりとした過ごし方、何か救われたような気持ちになるような何とも健気な感覚からは、ちょっと、いやかなり遠ざかる。

けれど、やっぱり足を運びたい。あの店、この店、それぞれ行きたい理由もあるし…

 

ということで、練馬のアンデスさんに行ってきました。

 

ここはあだち充さんの漫画「タッチ」に出てくる「南風」で提供されていた「ナポリタン」のモデルになっているお店かも?…とされています。

「タッチ」は私は小学校低学年時にアニメで見ていて、漫画も読んでみたところたいそうハマった。なんだか我が家は家族中でハマってしまい、特に父が仕事帰りに毎日3冊ずつ買ってきて回し読みしていた時期もある。懐かしい。

今は私の実家の部屋の押し入れに眠っていて、帰るたびについつい読んでしまう漫画のひとつです。

大人になって読むと、カッちゃんの死はなかなかショックだったりする。柏葉監督のキャラクターもなくてはならないもので面白い。何より南ちゃんのキャラクターは、小学生の私は何も感じなかったけど、いま女性としてみたときに、何とも「モテ」面において強烈です。天然でも計算でもない。一途で優しい。可愛い。モテの権化です!ほんとうに。

しぐさもかわいく、あだち充さんの漫画でしか実在しないと思い込んでいる私がいます…。

f:id:tellacoli:20160808172921j:plain

練馬駅に降りるとチンドン屋さんが楽器を鳴らしていました。若い人たちで結成されたちょっとおしゃれな演奏で、お湯の中にいるような暑い気温の中、ゆらゆらと心地よかった。

f:id:tellacoli:20160808163855j:plain

f:id:tellacoli:20160808172809j:plain

f:id:tellacoli:20160808164041j:plain

大きな通りに面した2階の席は陽当たり良好(!)で、本棚だらけだった。漫画がたくさん並んでいて、ちょっと昔のタイプの漫画喫茶みたいだった。

f:id:tellacoli:20160808165115j:plain

「タッチ」にまつわる面でここに来ているせいもあって、どこか小・中学生時代の実家や近所の喫茶店などを思い出し、懐かしい。

f:id:tellacoli:20160808164246j:plain

ベタだけどタッチを読みながらナポリタンを食べたいなと思っていました。が、見当たらず、表紙がタッちゃんと南であるこちらを読むことに!Tシャツに「TOUCH」。南ちゃんの靴下の感じ。ああ、こんな感覚が懐かしい!心躍る。

f:id:tellacoli:20160808164305j:plain

「タッチ」の聖地巡礼としてアンデスさんが!あだち充さんも、アンデスに通って30年となるそうな。

南ちゃんの作るスパゲッティは、今でも覚えている。いくつかシーンがあり、「簡単なものしか作れないわよ」と言いながら深夜に野球部員全員のスパゲッティを一気に作った南ちゃんが特に印象に残っている。お腹を空かせた達也や孝太郎たちが一気に食べていて、あのスパゲッティはめちゃめちゃ美味しそうだった。

f:id:tellacoli:20160808164310j:plain

この雑誌で、「鉄板に乗ったナポリタン」は、午後4時以降にサーブされることを知る。私、この日は仕事によりランチタイムが大幅にずれて、ちょうど4時以降での入店。すごくラッキーだった(今も正確な情報かどうかはわかりません)

f:id:tellacoli:20160808165526j:plain

ほかにも様々な聖地があることを知る。おお、全部シーンが思い出せる!いやー、ほんとうに、練馬がモデル地なんだなあ。そういえば駅前の通りは「千川通り(H2)」だったし。

私自身、未だに“田舎から上京してきた”という感覚があるので、こんなふうにタッチにまつわる実在するお店に足を運べるとは、「こんな日が来るなんて」という気持ちになり、すごく信じられないのだ。当時の私には、東京は外国のように遠かったので。

f:id:tellacoli:20160808170348j:plain

と、感激していたところに、ものすごいジュージューとした音を立ててナポリタンがやってきた。

f:id:tellacoli:20160808170629j:plain

f:id:tellacoli:20160808171209j:plain

アツアツのナポリタンは、鉄皿に焦げてくっついた麺の部分がカリカリしていたりで、すごく美味しかった。油もたっぷりで、おそらくすごいカロリーだったろうけど、南風でテレビに映る野球を見ているような気分にもなって、浸ってしまった。

f:id:tellacoli:20160808170419j:plain

辺りを見回すと、まさに老若男女、さまざまな方で賑わい活気がある。なぜか男性がひとりでクリームソーダを飲んでいる様子を多々拝見し、暑いせいもあったかと思うけど、より昭和を感じてよかった。

駅前にいらしたチンドン屋さんも、休憩でいらしていた。練馬の方のオアシスのような場所だと思いました。

f:id:tellacoli:20160808165813j:plain

タッチが見当たらなかったので、「みゆき」を読みました。面白いけれど、結末での「みゆきちゃん」は、かなり切ない。

f:id:tellacoli:20160808165834j:plain

扉絵には、アンデスさんのはんこが。昔読んでいてすっかり忘れていたものを、今読み返すのっておもしろいですね。いろんな自分の時期、当時のあれこれを思い出すし、当時気づかなかった発見が読んでていろいろ出てくる。

f:id:tellacoli:20160808172340j:plain

結婚にまつわる、「みゆき」と「お兄ちゃん(若松君)」のやり取りにハッとする。

 

ややセンチにもなり、たまらんな〜。夏だな〜と、感じいりました。

今は甲子園も始まり、夏休み真っ只中、こんな時期に来るのにアンデスさんはぴったりだったなあと思いました。

f:id:tellacoli:20160808165022j:plain

ちなみに先ほどの練馬ウォーカーを読んでいて、こちらの干支ケーキが気になりました。30年続く洋菓子店。チョコで包まれ、素朴でキュート!

練馬に足を運ぶ楽しみが、またひとつ増えました。

 私のあだち充先生作品遍歴…「タッチ」→「ラフ」→「みゆき」→「スローステップ」→「虹色とうがらし」→「陽当たり良好!」→「H2」

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

marble marble マーブルマーブル

イラストレーターです。日々気になったことをテーマに問わずブログにしています。マーブルチョコのようなカラフルで雑多なブログを想定し、「marble marble マーブルマーブル」としました。純喫茶、マッチ、散歩、昭和の建物、昭和歌謡、片付け、スケジュール帳などが好きです。コメント欄がありません。ご感想などはこちらまで→marble●tellacoli.com(●→@)
イラストサイト:http://tellacoli.com/

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

広告を非表示にする